スポンサーリンク



アラフォー主婦、20代から40代中盤までの、デパート内ショップ変遷模様を振り返る。その1 服よりも違うものに目が移っていく悲しみ。





なーんか。



服とかバッグとかアラフォーファッション・髪型なんかに悩んできましたが、中々ヒットがなくて。



それで。今思い返すと、年代別にデパートの中で注目するショップって、違ってたなあ・・・なんて。




20代・・・ よほど年上ブランドでない限り、デパートの色々なお店を見て回れて楽しかった世代。



(※ただし、当時そんなに金戦力は無い)




自分の世代のファッションではなくても、「大人になったらあんな服が似合うようになるかなあ」と、あまり現実を分かっていなかった時代w。




(それが、そうでもないのよね~大人になればみんな大人っぽくなれるかと言うと、違うのよ・・・



一般人はただエイジングされるだけ・・・と言う哀しさ(笑))






スポンサーリンク








30前後・・・ いわゆる女子大生ファッション的な、ジル・スチュアートとかトッカとかは見るのも・お店に入るのもキツイかなあ・・・と、立ち入り禁止区域の札が見えてくる気になる世代。



よそゆき系は、なんとなくきれいなお姉さん的なシンプル系の服に移行。



育児真っ盛りだったので普段はかなりカジュアルだったものの、それでも若さで今よりは色々な服が着れていた時代。



30代後半・・・着れる服が狭まってきて、なんかなあ・・・と思いつつデパート内をウロウロ。




立ち入り禁止区域どころじゃなくて、安住の地を求めてファッション難民沼に足を踏み入れてしまう時代。



ただしこの頃から、服のフロアよりもデパ地下の和菓子や洋菓子・ちょっといい漬物・デリカなどに本格的に心ときめきだす(笑)。








スポンサーリンク








40前後・・・一般人が「女っぽ」をやれば下品な露出に見え、「抜け感」をやれば生活感からの疲れ・ただのボサボサヘアに見えかねないという、ファッション誌がお手本にならなくなる世代。




「女っぽ」どころかVネックの胸の開き具合がちょっと深いだけでも、なんかビミョーな感じすらしてくる哀しさがある世代。



「きれいなお姉さん」から「小奇麗なおばさん」を目指すも、高すぎる服だと厚みがあったり重かったり日常使いじゃなかったり。。



もういっか、ユニクロで~と思ってもなんかモノによってはプチプラ感が浮いたり。。




でもやっぱりなんかあるかも&鏡の前で服を当ててみた時に店員さんに飛んで来られる圧が無い(似合わない服を試してる・・・と思われたくない小心者ぶりもあいまって)居心地の良さで、定期的になんとなく見に行ってしまう。。



そして、家庭画報~みたいな上品系・25ans系列のバブル&セレブ路線もキツイ。



シンプル過ぎてもぱっとしないし、派手でゴテゴテ盛っても長続きしないし、毎日がパーティ~ってわけでもないからそこまでして着ていくとこも別にないし、なんかビミョーな塩梅・方向性に悩む(笑)。。




スポンサーリンク

関連記事

テーマ : 主婦のつぶやき
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

演技力

年齢的にもキャラ的にも着ることは絶対ないけど
婚活レディが着るような砂糖菓子っぽい服を見るのは割と好きだったりします。

でも店員さんに「えーこんなおばさんがうちの服着るの」と思われるのも…。
なので「忙しい娘の代わりに良さそうな服を見繕っている母親」という設定でお店に入っています。
実際のところ うちにいるのはスポーツ男子だけですが(笑)

Re: アラフォー主婦、20代から40代中盤までの、デパート内ショップ変遷模様を振り返る。その1 服よりも違うものに目が移っていく悲しみ。

コメントありがとうございます。
婚活レディが着る砂糖菓子系の服と言うと、失恋ショコラティエで石原さとみさんが着てたような、可愛いファッションですか?

あれ確かに、眺めてると目の保養みたいな感じにはなれますよね。

あ、中学生ママさんも、娘に買う設定やったりするんですね。私もよくやります笑。
///ranking///
プロフィール

七井。

Author:七井。
アラフォーの東京住まい。。

親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◆◆◆全記事一覧◆◆◆
AD