2018-10-17(Wed)

    【12】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。化粧品カウンターでの惨敗率が、結構高まりました(涙。




    そう言えば、前にクッションファンデの記事書いた時、イブ・サンローランでは「クッションファンデは艶肌が大事だから、粉は使いません!」と言われてびっくりした・・・と書いたのですが、




    アラフォー主婦、デパートで今更コスメにハマる。その4 だけどクッションファンデに大惨敗・・・!!



    先日クリニークで基礎化粧品買うついでにBAさんがタッチアップしてくれると言うのでお願いしてみたら、クッションファンデ → パウダリーファンデーションをブラシでつける → ルーセントパウダーをブラシでつけるの3工程をされました。



    その時、喉らへんまで「サンローランは艶肌重視だから、粉NGって言ってましたけど」と言いそうになったものの、「クッションファンデだけじゃ、私の肌のアラを隠せないと思われたのかなあ」(若干の被害妄想(笑))



    ・「クリニークのクッションの方が、濃さとかカバー力とかの関係で粉あった方が良い感じなのかな?」と思って、黙ってお任せしてました。



    そうしたら・・・出来上がり、びっくりするぐらい濃くて(笑)。







    スポンサーリンク







    もちろん、BAさんは良かれと思ってやってくださったのでしょうが、四十路一般人の私にはガッツリファンデは重すぎたみたい。



    ドーラン塗ったらこんな感じかな?とか思ってしまったw。



    そしてとにかく、帰り道が・・・きつかった(笑)。



    知り合いに会いませんように・・・位のレベルで、ガッツリファンデに負けてました。



    自分の顔が濃ければ耐えられたかもしれないけれど、うーん。コールドゲーム負けの勢いでしたね・・・。



    そう考えると、厚塗りしてるBAさんて、元々その濃さに耐えられる顔のつくりなのかしら。



    まあそんなこんなで、若い時はデパートに行っても化粧品カウンターで買ったりタッチアップしてもらってから、ファッションフロアを見て回ったけれど、最近負けることが多いので、順番が逆になりました。(笑)





    スポンサーリンク






    ガッツリベースメーク以外にも、アイシャドウのラメがテカテカすぎたりとか、色々落とし穴がありまして。。



    なので最近は、ダメだったら速攻帰れる準備がいつでも万端と言う順序で、デパートを回っております。(^^:




    だって・・・テクニカルKOじゃなくて完全ノックアウト、って感じでしたもの(涙)。



    これだけコテコテに肌塗ったのって、いつ以来だったかな・・・。




    なんか、一昔前のスキー場にいた人(※若かりし頃/スキーブームの時、とにかく焼けたくない一心でゲレンデでは塗りたくる、と言うのが横行していた時代がありました(笑))みたい。



    (今ほど日焼け止めが進化してなくて、塗ると顔が白く浮いてしまうせいもありました)


    あと、濃すぎる化粧の人を「おてもやんみたい」と言ったりするのを、久々に思い出しましたw。



    はあ・・・若い時は、多少のアラは塗れば・もしくは塗り込めば誤魔化せたのに・・・。




    そして、毛穴にたたきこむ=キレイを維持できるだったのに、今じゃ毛穴にたたき込んだら汚れとしてすぐさま角栓になるだけだし(涙)。



    この歳になってガッツリファンデにも負けるようになると、いかに薄いメイクで勝負するかなんだなあ・・・、日ごろのお手入れ気をつけよう・・・と、しみじみ思ってしまいました。






    sponsored link

    2018-10-16(Tue)

    【11】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。一般人は、雑誌が参考にならなすぎて。「女っぽ」より程よい「普通っぽ」位で、良いんですが・・・。




    あと、若い時似てる芸能人がいたら、これまた先にその人がお年を召してくれれば参考になるのかしら。




    私は、一人だけたまに似てると言われた人がいるのですが・・・40代となった今では、その差の開きに恐れ多くて比較対象などできませぬ・・・(恥)。。



    元々、似て無かったし。(一切自覚なし)



    でも若い時も、そう言う風にすごく似てて寄せる事が出来る人がいたら、もっとメイクとかファッションとか参考になっただろうなあ・・・。






    スポンサーリンク






    ・・・と考えてみると、40代以降、特にアラフィフ以降で言葉は悪いけれど「劣化していない」芸能人女性は多少いるけれど、でも・・・。。




    いわゆる「アムラー」とか真似できるような、その世代のシンボル的な存在っていないですよね。



    シンボルとまでは言わなくても髪型メイク参考になる人が居れば良いのに、それもいないし。



    (※元々のポテンシャルと財力や女子力等々はさておき)



    アラフィフ雑誌とかメイク雑誌読んでても、みんなソフトフォーカスかけたりフォトショップで加工したりしてるから、あんまり参考にならないし・・・!!





    スポンサーリンク






    シンボルとは言わなくても雑誌に載ってるモデルさんも、その雑誌の対象年齢よりちょっと若かったりすることも多いし。。



    LEEなんかは街角スナップの大特集よくやってるものの、アラフィフ雑誌のそう言うのたまにあっても、ちょっと「女っぽ」すぎてたり・なんか参考にしにくいんですよね・・・。




    美魔女でも女っぽでもなく、「普通っぽ」なんだけどちょっとイイ、真似してみたい・こんな風になってみたい程度のスナップ、山ほど撮って来てほしいのになあ(笑)。



    もうちょっと、リアルなアラフォー・アラフィフの生態を拝んでみたいです・・・。




    (街角ウォッチングでもたまにそのゾーンの人いるけど、個人じゃあんまりジロジロも見れないし・もちろん盗撮なんてありえないし・・・その辺、雑誌社に正面切ってやってほしいわ~~~^^;)



    (もちろん、極端に加工してないもので)






    sponsored link

    2018-10-15(Mon)

    【10】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。カバー力のあるファンデに「負ける」アラフィフの悲哀。。



    そして、話を元に戻しまして。



    エクセルーラのBBは手ごろだけど、つきかたが今一つ・・・!?



    BBとかCCクリームって、意外と買ってみないと濃さとか伸びわからないし、商品によって結構違いますよね・・・。



    (それなのに、ドラストものだとテスター無かったりするし)



    崩れないと評判のエスティローダーのリキッドファンデ、ダブルウェアも若い時は良かったけれど、歳とってからはちょっとなんか肌への閉塞感(?)とカバー力有りすぎるのが気になって、使わなくなってしまったかなあ。




    未だにダブルウェアを使い続けてるアラフィフの知人がいて、その人はバッチリ決まってたからほんと肌質もあるんでしょうね。



    だけど結局毛穴にファンデがあればあるほど角栓できちゃう私は、当分見送りです(涙)。



    (産出されるものがレアアースなら、儲かるから大歓迎なのに・・・(現実逃避))




    スポンサーリンク








    もう、冠婚葬祭(しかも派手な格好とか)・フラダンスの発表会とかのレベルになれば、私みたいな一般人フェイスでもその濃いベースメイクに耐えられるのでしょうが・・・。




    なんか、カバー力がありすぎるとそのカバー力に、普通の普段着の服が負けるんですよね^^;。



    普段着って言っても、Tシャツジーンズとかじゃないんですよ。(泣)



    この辺、お顔立ちがはっきりしてると、四十路になっても濃いベースメイクって似合うのかしら・・・!?(悲しき四十路一般人)



    あと、アラカン以降くらいにマダム!って感じになると、濃くても「あるある」な感じで滑らないのかなあ。





    スポンサーリンク






    あと自分が、その世代のどのタイプかの「量産型」的な「あるある」にハマれば、割と自由度あるのかなあ・・・?



    なんか自分が老いた顔って意外とリアルに想像できないので、母や祖母がどうだったかな・・・と思い返してみたのですが。



    私、母より父似なので、比較対象が居ない・・・!(笑)



    (しかも、そんなに父にも似ていないと言う・・・)



    こういう時自分にそっくりな母・祖母・伯母なんかがいると、参考になるんでしょうね。



    客観的にも、髪型やメイクを分析できるし。




    sponsored link

    2018-10-14(Sun)

    【9】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。 「かわいいおばあさん」への道のりって、意外とハードル高いんだなあ。




    かく言う私も少しオジサン要素入って来た気がするので、せめてもの抵抗として普段は言葉遣いとか仕草とか・最低限レベルだけれど気を付けています・・・。



    (ブログ書いてる時は、ノリで書いてしまっていますが(笑))



    はぁ~。



    winkの相田翔子さんとか・菊池桃子さんとか、元々可愛らしい系の顔ならこの「男顔」化の恐怖って一生関係無いのだろうけれど・・。。



    くぅうっ、「かわいいおばあさん」への道のりって、意外とハードル高いんだなあ。






    スポンサーリンク







    でもまわり見てると、何気に・と少なからず影響が出始めてる人が多いんですよね。




    それで、それをただの「老化」とか「老け」だと思っていて、意外と「オジサン顔化」してることに、気づいてない。。




    オジサンはただオジサンになるだけで、元々それっぽい人じゃなきゃオバサン顔化なんてしないのに~~。



    いや~怖い怖い。



    できるだけこの程度の、「オジサン顔化がちょっと入って来たかもしれない翳り」程度で、終わって欲しいです・・・。



    それにしても、まあ。



    外見の「女の子らしさ」を失って、あとはおばさん・おばあさんになって行くだけかと思いきや、こんな思わぬ落とし穴があるなんて・・・!(涙)





    スポンサーリンク







    なので、髪型などを決める時は男顔がこれ以上ちょっとでも促進されず・でも不釣り合いな過剰フェミニンにもならないように気を付けています・・・。(震)



    若い時は、顔のタイプにもよるけれど、髪型ならショートかロングにすればたいていは大人っぽく見えたり・気軽にイメチェンもできたのに。




    そしてその時似合わなくても、ショートなら「バレーボールの実業団の選手みたい」と別の職業だったり・その程度のイメージのおかしさだったりで済んだのに・・・。



    アラフォーを過ぎるとロングも難しいし、でもショートも下手したらオジサン顔化を促進しかねないし。


    無理に若見えを狙っているわけでもないし・かと言って背伸びして大人っぽくしようとしているわけでもないのに、ほどほどに小綺麗なオバサンでいるのも何気に難しい毎日です。




    あ~、楽したい!(笑) ← 本日の心の叫び






    sponsored link

    2018-10-13(Sat)

    【8】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。35歳くらいから「オジサン顔」と「オバサン顔」に別れていく恐怖^^;。




    あとちなみにプリマヴィスタも使ったことがあるものの、個人的にはマキアージュよりもこっちのほうがより肌が張る感じがして、やめてしまったような。



    テカらない具合は個人的には大差なかったので、それならと続けるのはマキアージュにしてしまいましたが・・・。



    この辺は、好みと肌質もあるのかも。



    他にはSK-2のCCクリームも使ったことあるのですが、普段440番のエマルジョンファンデをつけてるような私には、白すぎて無理だった・・・(涙)。




    ガングロにもしたことないし、海で焼くとかもほとんどした事が無いのに、地黒って損・・・!!(溜息)






    スポンサーリンク






    「色の白いは七難隠す」なんて言葉があって、ネットにはその方が顔立ちや生活の乱れや老い・色気の無さ等々をカバーしてくれる・・・なんてことが書いてあるから、色白に生まれたかった~とか思ってしまいます。



    色白の人からすると、色が白いと肝斑とかしみそばかすが目立つ・・・と言うかもしれないものの、やっぱりみんな写真を撮って「加工」するとき、明るく・白くするものねえ。




    あえて暗く加工して美人になる人なんていないんだから、白すぎて不健康そうに見えるレベルで無ければやっぱり色白の方が老けてもいいんじゃないかなあと思ってしまいます。




    と言うのも、それ以外にも理由があって、私の周りを見ていると35~40歳くらいにかけて、元々のタイプよりもより「男顔」か「女顔」に別れていくんですよね。




    で、「男顔」は顔がたるんで来たりして顔全体が長くなった時に、顎や輪郭頬骨なんかがゴツっとして見えたり・すっぴんがオバサンというよりオジサンっぽさが増してきた人かなあ。






    スポンサーリンク







    30歳になったらオバサンか~なんて嘆いてる20代女性がいるけれど、歳を取るとなるものは「オバサン」だけじゃないんだよ・・・「オジサン顔」が侵食してくる場合もあるんだよ・・・と内心思ってしまいます。





    何て言うのかな、「かわいいおばあさん」や「美に気を遣ってるマダム」に近づいて行くと言うよりは、「オバサン」になるというよりは・「若さ」と言うカバーが消えてふと見てみるとちょっと~結構(この辺は個人差あり)「オジサン」っぽくなっている。



    このオジサン要素がより高ければ高いほど、いくら努力してもことごとくオシャレやお化粧・ファッション・諸々が滑って見えるんですよね。



    普通のおじさんにフェミニン足したような違和感が出ちゃって、それならもうお洒落やめちゃったほうがいいんじゃないか、位・・・最悪いっちゃう感じ。



    でも色が白いと、ある程度その要素を薄められるんですよね・・・。







    sponsored link

    2018-10-12(Fri)

    【7】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。ノーファンデでベビーパウダー使う時は、マキバオーにならないよう注意してます^^;。





    そして、使ってみた中では・・・



    マキアージュの皮脂テカリ防止用下地の方がテカリは抑えられるんだけれど、なんか肌が張った気がするのと・あとカバー力はほとんどないのよね。




    それでもまめにお化粧直しできないようなときは、これ + 色付きの粉(前にも載せたローラメルシエ)かなあ。



    今のところ、まだ下地も無色 + 粉もカバー力あまりないベビーパウダーはまだ勇気が無くてやってないです。



    でも不思議とベビーパウダー、いっぱいつけてからブラシではらうと、割とキレイになるんですよね。




    スポンサーリンク







    ただし、鼻の穴と外側の皮膚の付近、馴染ませないと地肌とベビーパウダーの境が二重丸みたいになってしまって、みどりのマキバオーとは言わないけれど鼻の穴強調案件で、危険ですけれど(笑)。









    いや、ここまで元々鼻の孔、大きくないですよ(笑)。



    ただなにせベビーパウダーが純白すぎるので、馴染ませと払い加減には注意です。。



    (あと、つける時も払う時も、吸い込まないほうが多分良いと思う。そして睫毛についた分は、濡れた綿棒なんかで拭いた方がいいと思います。。)




    あとファンデとルーセントパウダーの時ってティッシュで押さえてもそんなにテカリ取れた感じがなかったのに(脂取り紙はよくないと聞いたので、ティッシュでがんばってみたのですが)、



    ベビーパウダーってティッシュで押さえるとそれだけで割とキレイになるのなんでだろう(^^;。






    スポンサーリンク







    まあこのベビーパウダーも、柔らかめのパフ(薬局で500~800円位で売ってるもの)



    ノーファンデ ベビーパウダー


    を強めに押し当ててつけて掌の上にのせたティッシュの上で動かして馴染ませて、そのあとたっぷり肌に乗せて、余分な分をブラシで払う・・・くらいまでやらないと、あんまりきれいにならないのですが。



    (それと自分だけかもしれないものの、プレストタイプのベビーパウダーはあんまりきれいにのらなかった・・・。)



    ただこの手法って乾燥する冬場は、そんなに粉乗せるとつっぱりそうでちょっと今から怖いです(笑)。




    秋になったとたん爪の周りにささくれができ始め、ちょっと涼しくて心地よいくらいなのに、下手すると肘の関節が冷えてくる・・・。



    秋ですらこんな四十路の中頃、冬に突入したらどうなるんだろう・・・と今から苦笑いしております。。








    sponsored link

    2018-10-11(Thu)

    【6】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。俗に言う「ノーファンデ」状態になってきました。




    四十路中盤以降、ファンデの見映えが今一つになってきたし、謎の角栓が現れるようになってきたので。



    だから日々、日焼け止め・下地・BBクリーム・CCクリーム・エマルジョンファンデ・リキッドファンデ・・・等々の中から、一番ナチュラルメイクに見えて崩れも無く・シワも目立たず・・・の組み合わせを探したものの、「△」は増えても「◎」はなかなか見つからなくて。



    そもそも美肌に自信があるタイプじゃないしオイリーだから、UV下地と粉だけなんてハゲやすくてしょうがないんじゃないかな・・・とも思ったし。




    ただサンローランのクッションファンデショック(笑)(アラフォー主婦、デパートで今更コスメにハマる。その4 だけどクッションファンデに大惨敗・・・!!)以降、だんだん薄い方へ薄い方へ・ノーファンデ化けしているあいだに、肌質が悪いなりにきれいになって来て、今ではUV下地と粉だけで冠婚葬祭以外は行けるようになって来たかも。



    (※30代迄はフォトのレーザーを15回くらいやったけれど、それ以降は家の超音波美顔器とイオン導入・各種パックくらいしか併用してなくてその変化でした)





    スポンサーリンク






    と言うか、ファンデーションが崩れないためには、パフでファンデを毛穴に叩き込む・・・なんて言うのが美容雑誌の定番文句だけれど、脂性のせいか加齢で毛穴広がったのか・アラフィフ以降はそれをやるよりも下地で崩れないのにしといて、粉たくさんつけて落とすのほうがまだキレイを維持できるような気がするんです。。




    40代でも、普通肌の人は平気かもしれないんですが・・・、私みたいな肌質はもうしばらくファンデは無理みたい。



    薄めメイクでも少しは謎角栓出来ちゃう時があるんだけど、やっぱり濃いベースメイクしてると100%だし・・・。



    よくもまあ数時間とかでこんな角栓作れるね・・・と思う程の、急成長だし(涙)。




    だからTPOにより無色~うっすら色付き日焼け止めにプラスして、ルーセントか色付きのおしろい粉を多めにはたく・余分はブラシで取る・・・で最近は落ち着きました。




    なんか、小綺麗にするつもりが「女子力」というか「女性力」的なモノから外れていく気がして、なんとなく嫌だったんですけどねえ。。(ノーファンデって聞くと、すごく嫌がる女性もいるし)




    まあ、とりあえずその方が良い感じなら、流れに任せようかと。





    スポンサーリンク







    そんなこんなで、あれこれ試しては見たのですが。



    fc2blog_2018100317135385c.jpg


    ▲手持ちの日焼け止め・オイリー肌対策美容液。左の方が色なし、右に行くにしたがって色あり!?



    (一番右はもう古いの置きっぱなしだったので、撮影あと捨てました。他にもジプシーしては捨てたものが、数種類あります(笑))



    色付きだと、ビオレの皮脂テカリ防止用UV化粧下地が、自分的にはちょうどいい感じ!?










    つけすぎたあとしばらくして皮膚をこするとモロモロっとしたものが出て来ちゃうから、あくまで適量伸ばして・・・ですが、粉はたくと濃すぎず薄すぎずで浮きもないし。



    白すぎず黒すぎず・自然なんだけど、カバーもそこそこしてくれる。



    これで1200円くらいだし(笑)。




    sponsored link

    2018-10-10(Wed)

    【5】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。やっぱりアラフィフオイリー肌は、保湿だけが原因じゃないと思う。



    かたや。周囲に聞くとほぼほぼ乾燥肌の人ばかりで、そう言う人はシワに入ったファンデがよれるみたい。



    最初から、シワやたるみでファンデがうまく肌に乗らないことも多いみたいです。(私は幸い、そういう事は自覚なし)



    かたや、脂性の私は・・・。石油ならお金になるから自己生産したいけれど、皮脂はそんなに要らないから!とお肌の神様が居たら文句を言いたい位^^;。



    ほんとこんなこと書くと保湿が~と言われそうですが、多分体質で皮脂腺が発達してただでさえ汚れやすいのと、加齢によるたるみ毛穴にファンデが汚れとしてたまってるせいだと思うですよね。。




    フェイスマスクも色々やったし、保湿に効果がある化粧品も色々試したし、食べ物にも気を付けてるし、心当たりは体質と、生理周期がバラバラなところかなあ・・・。




    スポンサーリンク








    私が見て聞いた中での経験で、顔だけ荒れている人は化粧品が合わない可能性が高いけれど、首やデコルテ・背中にまで多少でも吹き出物が出来たり・そこも乾燥肌と言うよりは脂性肌の場合って、、もうほんと体質とかだと思うんですよ。



    皮脂腺なのか・ホルモンバランスなのか・脂肪分摂りすぎ等なのか、全部なのかには別れるだろうけれど・・・、保湿だけじゃないと思うんですよね。



    私は人より生理周期が長いのでその分男性ホルモン(?)の方が活発になるってどこかに書いてあって、となると肌荒れも起きやすいんですって。



    (あと、勝負事とか緊張感で張り詰めてたりばかりしていると、男性ホルモン(?)優位になるらしい)



    とりあえず前にも書いたとおりイソフラボン過剰摂取が怖いので、ザクロエキスと一緒に含まれてないサプリを選んでコレ飲んでて、まあまあ安定するようにはなったものの









    このホルモンバランスの仕業かもしれない肌荒れ・脂性って・・・閉経後も続くのかなあ?



    それとも極端に、今度は乾燥肌になるのかしら(怖)。




    ほどほどのところで、止まってくれればいいけれどなあ。




    スポンサーリンク







    まあそんなこんなで、四十路オイリー肌で悩んでいると「保湿よ保湿!!」と言われるかもしれないけれど、保湿なんてほんと山ほどやりましたよ・・・。



    今なんでも「ハラスメント」とつけるのが流行ってると聞いたことがあるけれど、それならそれに乗っかって「保湿ハラスメント」とか冗談で言いたい位(笑)。




    まあ、、肌のケアはちゃんとしつつも、毛穴落ちを酷くさせないためにはやっぱりファンデは今一つなのかなあ?と。



    (それまでは、SK-2のエマルジョンタイプのファンデーションを使ってました)



    fc2blog_20181003172013f2f.jpg



    これ重すぎず・カバー力もありつつ・のびよくて気に入ってたのになあ・・・。



    短時間の時の使用か、冠婚葬祭オンリーになりそう。。



    それとも、それこそサッチーや扇千影さんみたいな世代になったら、ガッツリメイクまた似合うようになるのかなあ・・・!?




    「カワイイは作れる」のは若い子だけだと思ってたけど、「かわいいオバサン」は痛くても「かわいいおばあちゃん」って言葉は、よく聞くし。。




    アラカン以降はまた、色々選択肢広がったりするのかなあ・・・!?(謎)




    sponsored link

    2018-10-09(Tue)

    【4】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。老化のせいか、毛穴落ちがすごいんですけど・・・!



    そうそう、話を元に戻しまして。ベースメイク。。



    ・・・汚い話で、ごめんなさい・・・。



    なんか、四十路中盤に差し掛かるころから、変だなあ・・・何だろうなあ・・・とは思っていたのですが。




    歳をとって毛穴がたるんでいるのか、40代中盤から「毛穴落ち」が酷くなってしまって。。



    それまでもオイリー肌ではあったものの、「毛穴落ち」って言葉ピンと来てなかったんですよね。



    全体的にテカるだけで、お化粧直しは脂取り紙でササッと押さえて、プレスとパウダー乗せるだけ。



    そうすれば、それまでは元に戻れた。




    でも四十路中盤頃から、「こ・・・ッ、これがそうか・・・毛穴落ちか!!」と言う勢いで、実感。。



    化粧してしばらくすると、アップではあんまり見たくない感じになってしまいました・・・!(涙)





    スポンサーリンク









    そんなこと書くと、「保湿がー」と言われそうですが、保湿は色々試してもダメだったんです・・・。



    日本全国が「保湿推し」だとしても、私がいくらやっても、どうにもならない。



    しかもよく見ると、フェイスラインに一番、角栓が飛び出たみたいなファンデのカタマリがある。



    ピンセットで抜くとスポンと取れるけれど、そうするの良くないって聞くし・・・(悩)。



    これが角栓ならこんな半日で急に出来るもの?と驚いたし・だったら肌のターンオーバーが悪いのかな?と思ったものの、これも色々試したり・やっても自分には意味ないみたい。




    (ピーリングから酵素洗顔から、多種やりました)




    スポンサーリンク






    そして、ファンデーションを塗ると酷い。ノーメークの日は、ほとんどない。


    ノーメークの日でも、たまにティッシュで押さえなかったり・忘れていると出来る事が多い。



    ・・・だとすると角栓って、汚れと皮脂どちらかが原因みたいだし・・・。



    歳をとってたるみ毛穴・広がり毛穴になって、そこにファンデが長時間あることに耐えられなくなって、こうなってしまっているのかなあと感じました。




    そして小鼻とか頬の中心はと言うと、それこそ「でっぱり」はあまりなく「毛穴落ち」してるんですよね。



    表面はてか~としてて、脂取り紙とかティッシュで軽く押さえても、その毛穴にあるのは全然取れない。。



    だから普通に化粧直ししても、なんか汚いまんまなんです。(涙)






    sponsored link

    2018-10-08(Mon)

    【3】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。雑誌のうたい文句が、魅力的に思えなくなった&脱線:物価高くなりましたよね~。




    あと40代となった今、な~んか、難しいんですよね・・・。



    昔は発色が良いアイシャドーが良いのかな?と思ってたけれど、発色良過ぎても四十路肌には浮いてるようにも見えるし。


    カバー力あるファンデです!と言ううたい文句も、アラフィフ齢肌には浮いて見えるだけじゃないか、カバー力がありつつもナチュラル感もある方がありがたいんだけど・・・と、相反するものを求めてしまったり。




    だから化粧品特集のページに「発色が良い」等々書いてあっても、なんか魅惑的に思えなくなってしまった・・・。



    (発色悪いよりはそりゃ良いのですが、発色好過ぎる茶色系とか・・・なんか変なんですよね。)






    スポンサーリンク








    それはこれはメイクじゃないけれど、雑誌の「いい意味でのうたい文句」が信じられなくなる例として、「抜け感」とかも。



    昔みたいなソバージュっぽいきついパーマの方が良いかは微妙だけれど、ゆるく巻いてぼさぼさな感じに仕上げるのも、なんか生活感とかお疲れ感出ちゃうし。




    髪質にもよるものの、ふんわりというよりくったり感が出ちゃったり。



    歳とると、抜き襟シャツとかゆるゆるニット(えりぐり大き目)が「色気」じゃなくて「だらしない」感じになりやすくて、じゃ~ピシッとカッチリとすればいいんだけど、普段着でそれも堅苦しい。



    だからアラフィフ一般人として、ほどほどのところで落としどころを見つけたいのだけれど・・・。



    それなのに10月になっても30度超えたりするから、着る物に本当に困ります^^;。





    スポンサーリンク








    そしてこれまたちょっと話がそれるけれど、暑さと言えば昔はお肉が高くて魚とか野菜とかはそうでもなかったのに、今では天候やらなにやらでなんでもすごい高値ですよね。




    野菜、ちょっと前まではきゅうり1本30円とかだったのに、今100円平気でするし。



    ミニトマトなんて、この間普通の立方体みたいなパックで500円で売ってました^^;;;。



    イカをにんにくバターで炒めてポン酢入れて、最後にマヨネーズかけたのが食べたい・・・!!と猛烈に烏賊の機運が来て(?)スーパーに行ったら、1杯100円で昔は売ってたイカが今500円位してて涙目になりました(笑)。



    パルメザンチーズたっぷり使ったカルボナーラ作るのも好きなのに、昔200円足らずで売っていたものが倍以上するんですよね・・・(涙)。。



    ホタテも今、ひらひらの薄切りにして売ってるし・・・!(^^;。



    メイク・服・髪型・インテリア・持ち物(鞄の中身的なモノ)・食事と生活を彩る要素の中で、四十路になってもそんなにダメになったものが無い分野:食事(あんまり脂っこい物とかじゃなければ、服とか程困らないですよね/インテリアも何気にそうかなあ)で、こんなに違う角度から横やりが入るなんて・・・!




    近所のスーパーでも、何処回ってもどんどん「良い物」売らなくなって来てるから、最近伊勢丹の地下食料品売り場の生鮮コーナー見るのが好きになってしまいました。



    ・・・服えらびに困り始めてから、地上階よりもお惣菜とか甘い物のコーナーを見る方が楽しくなっちゃて、なんとも言えない気持ちになったアラサー以降を経て・・・。。




    最近は、デパートから持ち歩くのはちょっと・・・と思っていた生ものにまで目が向いて、ますます服から遠のいてしまう気がして、ちょっと複雑な心境です(でも美味しく食べるけど!)




    sponsored link

    2018-10-07(Sun)

    【2】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。サンプルって、もっと入手しやすければいいのにね。



    かくして、基礎化粧やらベースメイクの「大正解」を模索している間に、秋になって・・・。




    これはこれでまた乾燥して来たりしそうで、また「何が正解なのか」よくわからなくなりそう。



    アラフォーになったって、石鹸で洗ったって顔以外の部分は別に何塗らなくても平気だったりするのに・・・オジさんたちは、基礎化粧品なんて必要ないのに・・・ッ。


    なんで女性はここまであれこれ、悩まなければならないのか(嘆)。



    アラフォー以降ってただ単純に右肩下がりに下り坂になって行くだけじゃなくて、この間まで似合ってた服に「違和感」が急に出たり・似合ってた色に「??」と思うようになってしまったりするだけじゃなく、



    季節を抜いても化粧品方面もそう言う「波」がやってくることがあるので、本当に油断ならないです。



    ああ、これからどうしよう。




    スポンサーリンク








    なんか、イプサとかコスメでコルテとかシャネルとかディオールとかクレドポーとか、とにかく全デパートコスメのほんのちょっとずつ1回使いきりのサンプルセット、全ブランドの販売してくれればいいのに~と思ってしまいます。



    トライアルキットとか大きいのじゃなくてほんとにサンプルのあのちっちゃいパウチに1回に足りるぎりぎりの量でいいから(なんかやたらいっぱい入ってて、一度じゃ使い切れないメーカーってありますよね)、1000円とか2000円ぽっきり(?)で気軽に売って欲しいわ。



    だっていくらまだ平均寿命半分とかそのくらいだとしても、全メーカーまわりなおすのって・・・お金も気力も資金も、なんかねえ。



    今回みたいに、アイクリームが効くかもしれないし、その辺個人差あるだろうから何がどうだかわからないし。




    メイク用品はカウンターで試せるけど、基礎化粧品は家でメイク落としてから塗ってみてしばらく様子見たいし。


    それなのに、そこそこの大きさのを買わないと貰いにくかったり・買わないでもらうのもアレだし(小心者)、、・・・良ければ続ける気あっても敷居が高いのよね・・・。




    何か買った時だって、全種類貰えるわけじゃないし、「あれこれはサンプル無いんです」・「品切れです」って言われる時もあるし。




    スポンサーリンク








    薬局でエクセルーラとかは500円でパウチなサンプルがセット売してたりするのに、その辺やっぱり高級ブランドはやらないのかなあ!?(嘆)



    (まあ、エクセルーラも正確には、全種1回きりセットじゃないけどねえ)




    イセタンミラーみたいなところで、そういう各ブランドのライン・1種類ずつのサンプルセット売ってくれればいいのにな~。




    化粧品メーカーの人は「肌は28日周期で生まれ変わるんだから、もっと何日も試して使ってもらわないっと真価はわからない」とか反論してきそうだけど、意外と合う!って時、1回使っただけで分かるのにな。



    (合わない!と思う時も、しかり・・・)



    マスクとかも、イセタンミラーあたりで1枚バラ売りで気軽にチョイスできるようにしてほしいなあ。



    定番が見つかっても旅行用に買ったり・何かのお返しにちょっと知人にプレゼントしたり・・・とか、気軽に出来そうなのにな~。






    sponsored link

    2018-10-06(Sat)

    【1】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。オイリー・脂性おさまったクリニークアイクリームのその後。




    そんな風に、精神的に解脱(?)・脳天気化はできたものの。



    ま~ことアラフォー・アラフィフファッション・美容に関しては、まだまだ迷いどころがいっぱい。



    この間の、クリニークのアイクリームで脂性がおさまった件も・・・。




    とりあえず、今ここらへんのアイテムの検証が終わって、残量こんな感じなのですが。



    fc2blog_201810031628191a0.jpg



    ここまで手を広げてもやっぱり脂性が止まったの、オールアバウトアイのアイクリームだけだった(^^;。



    みんなに当てはまるわけじゃないだろうし自分だけかもしれないのですが、効き目があるのがオールアバウトアイじゃなくて、左端のカラになったモイスチャーサージ72ハイドレーターがそうだったら良かったのにな~。




    (贅沢な悩み!?)





    スポンサーリンク








    いやだって、同じジェルでもーモイスチャーサージ72ハイドレーターは29g4500円だけど、オールアバウトアイは14g4400円なんですもの。(税抜き)




    画像で言うと、右のシマの二段重ねになってる円筒型の下が、アイクリームです。




    ば・・・倍かあ・・・。。ううむ。



    ちなみに左のシマが自分的に肌の調子にとって普通だったもの、右が割と意味があったもの・・・かな!?




    写し忘れちゃったものの、ターンアラウンドセラムARという、角質ケアの美容液も普通・・・メチャメチャ良くもなく、悪くもなく・・・だったかな。



    そして、モイスチャーサージ72ハイドレータ-はフレッシュプレストC10デイリーブースター2プッシュして混ぜて塗るように言われたからそうしたらやたら余るので、首筋やデコルテ迄伸ばしてみると伸びはすごくいいし・その辺の肌の調子は良かったんだけど・・・。






    スポンサーリンク








    脂性は関係なかったかな。



    それでも、他社のジェルとか乳液よりは脂の出加減半分くらいで、マシだったんですけどね。



    なにせアイクリームが割高なので、モイスチャーサージ72ハイドレーターとフレッシュプレストC10デイリーブースターの合わせ技で続けるか、悩んでしまう・・・。




    と言うのも、モイスチャーサージ72ハイドレーターがアイクリームの倍くらいの安さなのもあるけど、公式だとフレッシュプレスト4本で10800円なのに、他だと8本で11500円くらいだから、、ついつい(笑)。









    なので、けちってモイスチャーサージ72ハイドレーターとフレッシュプレストまぜたものにちょっとだけオールアバウトアイ足してみたら、それはそれでちょっと効き目あるのが謎。




    (オールアバウトアイを全顔に伸ばすのに必要な半量くらいを、混ぜてみました(笑))



    多分そんなに成分違わないと思うのに、私の肌はなんでオールアバウトアイの言いなりなんですかねえ^^;。



    あ~~~~~~~、今後どうしよう・・・。



    いっそオールアバウトアイを押さえつつ、他社にもまだまだ手を伸ばしてみるべきなのか。



    あ~、一晩たって起きたら、太ももの内側の皮膚くらいになってればいいのになあ(そして果てない、妄想モードに入るのだった・・・。(涙)。。








    sponsored link

    2018-09-11(Tue)

    【3】四十路主婦、コスメの使用期限を気にするようになる。国産メーカーにもこの「マーク」あれば良いのに&老眼でコスメのシール読むのがキツイ(笑)。




    そう言えばこの化粧品の使用期限マーク、手持ちのコスメをチェックしたら、シュウウエムラには同じものがありました。



    6Mなので、シュウウエムラのクレンジングオイルの使用期限は半年ですね。



    シュウウエムラ 使用期限マーク



    でも、、知人に「この後洗顔料いらずでこれ1本で良くて・つっぱらない」と聞いたシュウウエムラのクレンジング、使ってみたんですけど・・・。



    毛穴つまりまくってブラックヘッドがたくさんできちゃったので、私には合いませんでした・・・(涙)。




    確かに突っ張らないんだけれど、私みたいなオイリー肌だと洗顔料で洗わないと汚れが落ち切らないみたい。



    オイリーじゃない人には、穏やかな洗い上がりで良いのかも。





    スポンサーリンク








    それにしても、目に直接塗るわけではなくて・睫毛に塗るマスカラですら細菌感染して失明してしまうなら・・・。



    口紅とか・・・特に、テイント系の口紅なんて、もっと要注意ですよねえ。



    薬局で売っていたリップスティック型のものだと唇がむけぎみになったのに、これはそうでもないから気に入ってるのになあ。



    ディオール ティントリップ



    ただし色が濃いから、この上から彩度があまりない口紅塗って、中和していると言う・・・(^^;。



    外で食事したのにすぐに化粧直しできない時、アラフォー・アラフィフの老いが気になる顔で唇が彩度ないとほんとに疲れて見えちゃうから、色落ちしにくいリップティント何気に重宝してるのに・・・。

    口紅の使用期限が一年・マスカラ3か月なら同じく多分3か月か行っても半年くらいですよね。。




    私はビビりなので、3か月くらいにしておこうかな・・・。







    スポンサーリンク








    リップとか小さいものの容器には、さすがにあの使用期限マークついてないんですね・・・。




    ディオール 口紅




    もしかしたら、買った時の箱には書いてあったのかも。



    今度BAさんにリップティントの使用期限、聞いてみよう。



    ・・・・・・・・・・・・そ。。それにしても。。



    ・・・普段「老眼」の辛さってあんまりピンとこないのですが、さすがにこの小さな細かい文字は見づらくなってきた・・・!(笑)



    ディオール 口紅



    新聞なんかの文字よりも、よっぽど小さくて見づらい印字がいっぱい・・・w。



    そんなこんなや諸々があったので、次は「予想と全然違ってた、老眼ライフがついに到来!?」について、語ります。







    sponsored link

    2018-09-10(Mon)

    【2】四十路主婦、コスメの使用期限を気にするようになる。古いマスカラで失明した外国人女性がいるらしい。



    そうそう、マスカラ・リキッドアイライナーの使用期限は、開封からたったの3か月らしいです・・・!



    え、私半年くらい平気で使ってた(^^;;。ズボラでスミマセン・・・。



    いや~~、これから絶対気をつけよう・・・。



    尚も調べてたら、20年前のマスカラで細菌感染して、失明しちゃった外国人女性がいるそうで・・・。




    こ・・・こわ~い(震)。。



    まあさすがに20年ものって梅酒じゃないんだからしまってあったのに気づいても怖くて使う勇気でないけれど、、でも「三か月」なんてあっという間ですよね・・・!!





    スポンサーリンク









    今年だってはっと気づけば、あと4か月しかないのに・・・!!




    (それもまた別の意味で、怖い^^;)



    ちなみに、化粧品・メイク用品の開封後の使用期限は



    基礎化粧品・ファンデ・口紅・マニキュア 1年


    日焼け止め 1シーズン


    フェイスパウダー 開封から1~1年半


    アイシャドウ・チーク 開封から1~2年


    マスカラ・リキッドアイライナー 開封から3か月




    らしいです。



    スポンサーリンク








    いやー、守れていたかどうか、怪しいものがちょいちょいとある・・・。



    日焼け止めの使用期限・1シーズンだけなんだ・・・1シーズンってことは3・4か月?



    もっと使ってたかも・・・。



    それにしても、なんで食品程 パッケージに使用期限書いてくれないのかなと思ったら、外国メーカーの化粧品には記載がある物が多いみたい。



    化粧品 使用期限マーク



    ▲▼箱があいてる蓋の中に書いてある文字:18Mは、18か月の意味だそうです。



    化粧品 使用期限マーク



    やっぱりフェイスパウダー系は、1年半くらいなんですね。




    うーむ。30代になったらあっという間、40代になったら転がり落ちるかのように、時間が過ぎて行って焦る事が多いのに・・・。



    コスメでも、時間の感覚がズレててハッとすることが多くなりそうです。





    sponsored link

    2018-09-09(Sun)

    【1】四十路主婦、コスメの使用期限を気にするようになる。マスカラの使用期限は三か月・・・!





    同じアラフォー一般人でも、その辺は顔の雰囲気とか肌色とか諸々で、まだいける人もいるかもしれないものの・・・。



    口紅も、濃すぎるともっとマダムなおばさん(芸能人で言うと、細木数子さんやサッチー的な)感が出ちゃうし、薄すぎると顔色悪く見えるし。




    本当に、「狭間」の四十路は色々と難しい。



    昔はアイシャドウも口紅も、パケ買いならぬ色買い(?)であわせもせず、インスピレーションでぱっと買ったりしちゃったけれど、今はとにかく慎重かも。






    スポンサーリンク







    家族や親類の海外土産でも、口紅「こんなのに近いの適当に買ってきて」(雑)とかは、言わなくなったかなあ。




    (当時ほど、円高じゃなくなったのもあり(笑))



    ▼口紅は特に腕だけでも塗ってみると出る色味が全然違うから、その辺よく確認して買うようになりました。



    シャネル 口紅



    いちいちBAさんに塗ってもらうのもアレなんで、たいていはある程度肌の上で色味を確認したら、買ってしまいますが。




    あと、何に慎重になったかと言うと、コスメの消費期限・・・!!



    四十路中盤となると、えっ、あの人が・・・!というような人が病に倒れたり・遠くに行ってしまったりして・・・。



    以前より、「美と健康」のうちの「健康」部分が気になるようになったんです。





    スポンサーリンク










    世の中、「腐ってなければ・カビてなければ大丈夫!」と食べ物をそう言う視点で見る人がいるけれど、「酸化」だって立派な「錆」みたいなものだし。




    いくら普段食べるものに多少気をつかったって、体内・体外に古いコスメつけるのって酸化が気になるし、細菌汚染も心配だし。



    それで色々調べてみたら、未開封なら3年とか、それでも日々酸化していくとか。



    それ以外に記載があればそれに従うとか・・・



    でも、改めて調べていたら・・・・・・・・一番驚いたのはマスカラ・リキッドアイライナーは・・・ 開封から3か月!



    さらに調べていたら、あんまりにも古いマスカラで目が大変なことになった女性がいると知って、震えてしまいました。





    sponsored link

    2018-09-08(Sat)

    【3】四十路主婦、茶色のアイシャドーに苦戦しだす。気づけば、いつの間にか「持たなくなっている」・・・!




    とりあえず最近のお気に入りは、この辺ですかね・・・。



    エレガンスのアイシャドウ。




    ヌーヴェルアイズ02。


    エレガンスアイシャドウ



    ブラウンと言っても薄付きで、ラメの感じも上品だったので。



    色や艶をちょっと足す位の感覚で、ナチュラルメイク向きかも。



    エレガンスアイシャドウ



    一番濃い色でも、ほんと薄付きなんですよね・・・。



    ただ、顔の凹凸を出したかった若い頃より、なんとなくの光・色味の方が、四十路の今は合ってるのかなと。。






    スポンサーリンク








    こちらは、シャネルのアイシャドー。レ ベージュ パレットルガールライト。



    茶系アイシャドウでしっかりメイクするのが怖くなってしまったので、パープル系を買ってみました。




    シャネル アイシャドウ レ ベージュ パレットルガールライト



    ナチュラルメイク~ちょっとしっかりメイクの時まで。



    限定につられたのと(シャネルって外フタがみんな黒地にシャネルマークだから、どれがファンデでどれがアイシャドウか開けてみないとわからないところがあるものの、これは蓋がベージュだったのでいいかなと(笑))、


    他のブランドも色々テスターみたけれど、粉の細かさ・とってみた時の乗り具合が好みだったので。




    (個人的には、テスターを腕に伸ばす時より、小指や人差し指の先の「指の腹」にちょっと取って見た時の、色の出方とか粉の乗り方で決めていたような・・・。)






    スポンサーリンク








    ・・・なんか、若い時はメイクが下手だったり慣れてなかったりして、メイク直しの時「つけすぎてたかな」とか・「もうちょっと塗るのこの辺までにしておけばよかったかな」とか思ってたけれど、



    この歳になってメイク直しするときって、元々朝の段階でつけすぎないよう・色が出ないように抑えめにしてあるから、時間経過で微妙に散れてしまった分を程よく・慎重に足す感じかも。




    歳とってメイク崩れてると、恥ずかしいし。



    若い時は「もうちょっとプラスアルファを出すため」にメイクもメイク直しも頑張ったけど、今は「普通のちゃんとした大人でいるため」に、メイクもメイク直しもしてる感じですかねえ。




    若い時なんて、時間なければグロスだけとか・ヌーディーカラー雑にぬって用事のために猛ダッシュ!とかやってたけど、今じゃ四十路の齢肌にあんまり唇がテカテカしてるとおかしいし。



    グロスも、逆に照りがほとんどないのを使ったり・全然使わなかったり・・・(セットやおまけでついてくると、無理やり使ったりw)。



    ヌーディーカラーも顔映り悪いから、もう1本も持ってないかも。



    気づけば、いつの間にか色々「持たなくなってる」と、しみじみとしてしまいました。







    sponsored link

    2018-09-07(Fri)

    【2】四十路主婦、茶色のアイシャドーに苦戦しだす。遮光器土偶にラメに、落とし穴がいっぱい。





    昔はM・A・Cのアイシャドーとかも買ってたのに、40過ぎると濃く色が出ちゃうアイシャドーは要注意になって来ました。



    こういうはっきりした顔(一番右)







    なら歳とってもそう言うパキッとした色合い似合うかもしれないけれど、私みたいな四十路一般人がこういう瞼にこってり塗ると、エキゾチック通り越してダダ滑りしかしなくなるし・・・。




    茶色ですら、こういう疲れ






    に見えるし(↑この子なんてまだ学生なのに・・・でもこの疲れ顔、四十路からすると人事とは思えないw)。




    マキアとかのメイク雑誌見ると、下瞼に太めに色入れてる事あるけど、四十路は匙加減と色味間違えると、なんかすごいことになりそう・・・。。。




    スポンサーリンク








    なんかこういうクマだけじゃなくて、目の下のたるみも遮光器土偶みたいになってきちゃうから、ほんとおそろしい。








    そしてまぶたのたるみで二重のラインがうすくなったり・瞼が加齢でたるんでくる分覆いかぶさって目が小さく見えたりしていくし・前の記事にも書いたけれど、鼻は下手すると巨大化していくし。。



    本当に、四十路の上り坂にはつかまるところが少ないどころか、落とし穴がいっぱいです。




    かたや、ラメが大粒すぎてギラッギラしてても四十路一般人にはきっついし、逆にマットすぎると何にもなさすぎても瞼がくすんでるかのように見えてしまう事もあるし。







    スポンサーリンク






    ラメラメのすごいのとかも、若いうちにしておけばよかったかな・・・!?



    まあ、髪型やファッションと違って、家の中でくらいならさっと塗ったりする事はできるけど。。




    ただ、今ラメが少なめのを使ってても、眼球に入らないよう結構慎重に塗ってるかも。



    塗るときはもちろん、ちょっと目の付近がかゆくなった時とか・アイメイクを落とす時とか。



    若い時より、その辺は気を付けるようになりました。(ラメは金属片だから、眼球を傷つける事があるらしい)



    若い時は回復が早いかもしれないものの、この歳になってどこか痛めたらダメージが大きそうだから、怖がらない程度に・でも目には優しくを基本にメイクするようにしています。




    (色々な面で、若い時と時間をかける場所が変わって来た・・・(笑))






    sponsored link

    2018-09-07(Fri)

    【1】四十路主婦、茶色のアイシャドーに苦戦しだす。下手するとムンクの叫びみたいになってしまう・・・!



    四十路の坂も、中盤を過ぎた今。。



    「老化の坂って下り坂なのかと思ってたけど、登るのが大変な上り坂なんじゃないか・・・」と痛切に感じる今日この頃です。



    そう、今まではどっちかと言うと転がり落ちるイメージでいたけど、それも合ってはいるけど、落ちるだけなら・下りならある意味簡単じゃん!(涙)



    は~(溜息)。。



    小学生男児や幼稚園男児が大型公園の芝生の坂で両手を万歳して横たわり、上の方から楽し気にゴロゴロゴロー!っと自由に転がり落ちるかのようには、もう行かないんです(そもそももし今マネしても、首肩腰痛めそう(笑))。。





    スポンサーリンク








    どっちかと言うと、ロッククライミングやボルダリングをヒィヒィ言いながら登ってはいるものの、次に手足をかけられる「でっぱり」がどんどん減ってきて、どう次手を伸ばしたらいいか逼迫してる感覚の方が近いかも。




    (「ファイトー!一発~!!」(リポD)だけで切り抜けたいけど、そうもいかないしw)



    と言うのも、かつては「万能」・「無難」だった茶色のアイシャドーが、「なんでもオッケー」にはならなくなってきて。



    若い時って色白だろうが・色黒だろうが・童顔だろうが・老け顔だろうが、とりあえず無難なのはブラウンのアイシャドーってイメージだったのに、なんか茶色の色味とか彩度によっては、目の周りの「老け」を促進させてしまう。



    なんでしょうね、ツヤツヤ・パンッと張った肌には「陰り」に見える・顔の凹凸を作る陰影としてもってこいな茶色も、40過ぎた齢肌には、悪い意味での「くぼみ」に見えてしまうと言うか。





    スポンサーリンク







    下の図みたいに(伝わればいいをモットーに相変わらず手描きマウスで描いております)パンっとしてる顔にはまだいいんだけども、ここにほうれい線やら・しみ・そばかす・肝斑・

    加齢による頬の「コケ」・目の下のたるみ・くま・これまた加齢による眉の下/瞼付近のくぼみ・フェイスラインのたるみ・等々を書き足すと、お互いが相乗効果となって「疲れ」や「老け」に見えちゃうんですよね・・・。



    40代アイシャドー




    なんか、ここまでシワシワじゃ~ないのに、ムンクの叫びの






    こういう、「やられっぱなしでやつれた感じ」が出ちゃうというか(と言うか、↑ど~ゆ~商品(笑))。。




    ちょっとしたシミシワ・肌の旬を過ぎた感じ等々が、茶色ならどれでもオッケーだった時代を、終焉させてしまうんです(涙)。。






    sponsored link

    ///ranking///
    プロフィール

    七井。

    Author:七井。
    40代・東京住まい。。

    親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

    アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ◆◆◆全記事一覧◆◆◆
    AD