2018-03-31(Sat)

    白髪染め、ナイアードヘナは匂いが数日取れないので、つなぎにメリカ 万葉染 ネイチャーカラー使ってみた♪




    友人たちに久しぶりに会うたびに、みんな肌と髪が結構きはじめてて、「老い」が日ごと生々しく感じる今日この頃。。




    CMの煽り文句のように「綺麗なお姉さん」を目指す2・30代、それを通過すると「小奇麗なおばさん」を目指す40代・・・となってましたが、



    最近朝鏡みて「オバサンになったな~」と言うより、「ちょっとおばあさん入ってきたような・・・!?」と実感し始め、さらにちょっとビビってしまっています。




    すごくおばあさん!ってわけじゃないんだけど、ふとした首とか肌の感じに、うっすら「老婆」感がにじみ出てる気がするんですよね・・・あな恐ろしや。。




    まあでもやっぱりここからは肌と髪の老化はなるべく抑えねば・・・と言う事で、あれからも白髪染めはナイアードヘナを続けてるのですが、やっぱり染めて2・3日は臭いんですよね。




    それなのに4月は何かと行事がたてこんでて、どうもヘナのために数日あんまり人に会わない・・・と言う事が出来なさそうなので、つなぎにコレ買ってみました。







    普通の白髪染めは「ジアミン」と言う成分がキツいらしいので、そのジアミンが入ってないノンジアミンタイプ。






    スポンサーリンク







    一般の白髪染めだと薬局で買っているのは薬が強いし、美容院で毛染めするとヘナとの相性が悪くて緑色になっちゃったり、ヘナで染めたら抜けないから調整が難しいらしく・・・




    併用はむずかしいので、こっちにしてみました。



    二回生え際とかに使って、いまこの位







    ですね。



    捨てていいお皿に出してまぜて、旅館においてある歯ブラシ使って根元とか生えぎわ中心に塗りました。






    シュミテクトやら白髪染めやら、アラフォー・アラフィフ感漂うグッズが洗面所に増えてきて、ちょっと寂しいような気も。。(ひゅるる~



    あでも便利&高機能なものがこの世にあってよかったー・そんな現代日本に生まれて良かったー♪とも、同時に思います。




    スポンサーリンク





    使ってみた感じ、一回で白髪がだいぶ目立たなくなる感じ。




    二回連続で使ったら、ほとんど目立たなくなりました。




    10日~2週間くらいもつかなあ。



    でもナイアードのヘナと違って牧草臭さも無いし、2剤をまぜて乾いた髪に塗って30分待てばよいので、かなり扱いやすいかも。




    あえてこの弱点をあげれば、ナイアードのヘナもそうなんですけど白髪を栗毛ヘアにはできても、黒髪を栗毛ヘアにはできない・・・ってとこですかね。




    だから、40代・アラフォーでまだ黒髪が8・9割だったりすると、1・2割の白髪だけが栗毛色になる・・・って感じだから、全体を茶色にするのは難しいかも。



    だから栗毛にしたい人は、2・3か月に一回美容院でカラーやって、それ以外はこれでしのいで、年間のジアミンありカラーの回数を減らして、地肌の負担を軽減する・・・とかがいいんですかね。




    これにもヘナ入ってるみたいだけど、10~2週間くらいで抜けるなら、美容院の薬剤とも相性悪くないんだろうし。



    年間12回の薬剤塗布が、これ使うと4回で済む・・・とかなら、だいぶ負荷が減りますもんね。




    なにせ白髪と言うのは厄介なもので、二週間くらいで目立ち始めるからなあ。。



    こういうのがあると、結構便利かも。



    地肌につけても、洗えば一応色は残りませんでした。(私の場合。


    パサつきもなく、カラートリートメントみたいだけど昔使った一般のカラートリートメントより色が入った気がします。



    先発しながら使う商品じゃないから、その間のタオルが染まらないし。




    個人の使用感なので100%の保証はしませんが、私的には中々使いやすい商品でした。





    ///ranking///
    プロフィール

    七井。

    Author:七井。
    40代・東京住まい。。

    親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

    アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ◆◆◆全記事一覧◆◆◆
    AD