スポンサーリンク



アラフォー主婦、同年代チェックをしながら美魔女について考える その2




たとえば子育て中とか介護中で、オシャレなんて振り返ってる暇ないの!って一時的なモノなら、「そりゃそうだ」と納得する面もあるんですけど・・・。



あ、正直、私も子育て中の一番忙しい時は、昔のイメージの「ザ・浪人生」要素(メガネ・どてら的温かさ重視の室内着・スエット着用)がありました。



ん?でも今時の子育て中のママは、当時の私よりはよっぽど女子力高いみたい・・・!?(まつエクとかネイルとかやってたり、お化粧頑張ってたり・・・!?)・・ま・まあ何にせよ。


「女は美人が嫌い・だから叩く」みたいな言葉があるけど、まあそう言う層もあるのかもしれないけれど、凡人な私からすると美人はずっと美人でいて欲しい(変に上からに聞こえたらゴメンナサイ;;)し、どうせ見るならやっぱり奇麗な人を見ていたいです。。




スポンサーリンク







リビングに肖像画を飾るなら、前述の日帰りバスツアーに一定層いるおばさんたちのじゃなくて、きれいな淑女の方が良い・・・みたいな感覚なのかな。



ママ友でもミドルエイジからの友達作りでも、周りを見ていると多少こぎれいにしている方が、断然同性ウケが良くて モテるみたいだし(性格が肝心なのは勿論ですが)。



あと、あんなキレイだった人がこんなになっちゃうんだったら、、私はどうなるんだろ・・・その波が急にやってきたりするのかな!?なんて怖くなっちゃったりもするんですよね。。



周りを見ていると、同じ年で同じ風に老化していくと言うより、その人それぞれでガクッと老化する年があって。



多分、2・3年~あって、4・5年くらい個人差があるんじゃないかな・・・!?





スポンサーリンク






”女性は7の倍数で「来る」”なんて聞いたことがあるんですけど・・・ちょっと、誤差というか多少の「前後」があるんですよね・・・(怖)。



緩やかに右肩上がり(?)で老化していくんじゃ無くて、心電図みたいに突然どーんと来る事もあるからホント、恐いです・・・。


まあそんなこんなで、、美魔女は意識を持って頑張れるだけ・継続してある程度の結果を出してるだけエライ気がしなくもないんですよね。



特に私は飽きっぽくて続かないので、「信念と欲求を持って続けられる力」があるのはすごいな・・・と思ってしまいます。


あんまりにも若さに固執して似合わないファッションをやっていたり・やたら「若い」って言葉に過剰反応したりマウンティングしてきて扱いにくかったり、しょっちゅう整形して 顔パンパンで崩れてる・・・と言うならまだしも、、多少励んでるなら良いんじゃ無いのかな・・・。


スポンサーリンク

関連記事

テーマ : ファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

///ranking///
プロフィール

七井。

Author:七井。
アラフォーの東京住まい。。

親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◆◆◆全記事一覧◆◆◆
AD
AD