スポンサーリンク



アラフォー主婦、同年代チェックをしながら考える:冬のコート編その6




あとアラフォーでキツイコートは、ライダースジャケット風なレザーブルゾン



とか、かなぁ。。一般人には、チャレンジ権すらあまり無さそう。



まあ、アラフォーって結局何歳から何歳までなの?と基本的なところに立ち返ってみると、何となく世間一般的には

アラサーは20代後半から30代前半なのにくらべ、、アラフォーは37・8・9くらいから44くらいまで・・・なのかな。



なんとなく、アラサーの始まりよりもアラフォーの始まりの方が遅いような気がするんですけど、気のせいでしょうか(^^;。




ただそんなアラサーより狭めのアラフォーの「幅」においても、37と44じゃ全然違うんですよね。

7年も違うし37だとまだアラサーの残り香的ファッションでも行ける時があるものの、44は・・・・・・・(沈黙)。



45になるとアラフィフのお声がかかっちゃうけど、アラサーの残り香ファッションにチャレンジして良いの?大丈夫?と自問自答してしまいます。




スポンサーリンク






まあ、こういうファッションも女豹系ならアラフォー~アラフィフでもイケるのかもしれませんけどね。。



そう考えると、このゾーンの女豹タイプは許容範囲が広くていいなぁ。



とは言え、レザーでもノーカラータイプで色も落ち着いた感じなら、アラフォー~アラフィフでも多少いける確率が増えるかも・・・!?




TOMORROW LANDによく置いてありそうな、イメージの服だわ。



あんまり安っぽたいとこの世代にはアレなので、革の質感と試着した際のシルエットなんかが、決め手ですかね。



あと、こう言うムートン系のコート(?)もよく見ますね。





これも実際の値段がどうとかって言うより、見た目の質感が大事かも。

こう言うのって結構な値段するのに妙にやすっぽたくて粗いのも売ってることあるし、逆にお値段抑えめなのにとってもキレイなのが売ってる時もありますよね。







スポンサーリンク






それと、今年はリバーシブルな色になってて折り返した袖口と襟の色が違うコーディガン

が流行ってるみたいでお店に良く置いてありますね。



このタイプ、長さとかシルエットを吟味した結果、良いのがあったので買ったんですけど・・・今年は秋が短くて一気に冬になったので、ほとんど出番がありませんでした(涙)。



春になって温かくなったら、また着れるかな。予報を信じてコレを着て出掛けても寒かったりしたら、この素材は風を通すから寒さに耐えられ無さそうだなぁ・・・(悩)。




ほかによく見たのは、ダッフルみたいにフードが着いているのに前は金色のチャックがついてるコートかな。



ダッフル以外にも、丸首ウールのコートでもそう言うのがありました。これは色と素材の感じを普通に選べば、大抵のアラフォー世代は大丈夫かも。



首元がちょっと寒いけど、ファーやマフラーをすればアクセントにもなるし。



でもそう言えば、バーバリーのマフラーってもうあんまり見ませんね。




一時期は学生たちもこぞって身につけていたような気が。。



これも、モノ自体は良いのになぁ。



スポンサーリンク

関連記事

テーマ : ファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

///ranking///
プロフィール

七井。

Author:七井。
アラフォーの東京住まい。。

親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◆◆◆全記事一覧◆◆◆
AD
AD