結局、アラフォーが買う靴の正解ってどれなのよ!?その4




    そんなこんな事を思いながら、またあちこちで・時にはセレブの住処や最先端オシャレタウンで街角ウォッチングを重ねていたんですけど・・・。



    やっぱり、アラフォーでポインテッドトゥでピンヒールなんて、目をこらしてもたま~~~に発見できるくらい。。



    アラフィフ以降となると、完全にパンツ+コンフォートシューズかスニーカーって感じで、「お食事」的な時でもスカートにローヒールって感じ。




    大抵黒スニーカーばかりだけどアラフィフ以降のオシャレさんと微妙な人の違いは・・・



    薄汚れてなかったり・素材が上品なエナメルだったりと変わっていたり・あとは靴自体の違いじゃなくて全体・・・



    コートの素材感が変わっていてきれいなベルベット調だったり・シルエットが似合ってたり・髪をキレイにセットしていたり・ちゃんとカラーリングに手を抜いてなかったり・



    丈や形の全身のバランスが取れてたり・手や首がちゃんと手入れされていてガサツいたりしわしわじゃなかったり・・・とか?





    スポンサーリンク






    アラフォー以前って「読モ的オシャレな人」と「一般人」で別れるんだけど、なんか見てるとアラフィフ以上って「ちょっとこぎれい・少し小洒落たご婦人族」と「ファッションより実用性重視・オシャレは気にしてません族」に別れているような。


    アラフォー以前って誰も彼もが似合うわけじゃないオシャレアイテムや個性的な配色・組み合わせでオシャレ番長になってる人が居るけど、アラフィフ以降って・・・番長!!って人はあんまり見かけない(班長程度)。




    オシャレへの意識が高いバブル世代がアラフィフ以降になると、また変わってくるのかな。



    でも、アラフォー一般人の私としてはこのちょっと小洒落たご婦人ゾーンを目指したいし・これなら出来そう・・・と思ってしまいました。






    スポンサーリンク







    あ・それと、アラフィフ以降は眉毛のカタチなんかでもオシャレ度が別れてたかな!?



    全体的にお顔がたるんできたり眉が薄くなったりしちゃうから、若い頃と同じ感じで適当にアイブロウを足してると、なんか変だったりする人がいるんですよね。



    形も野暮ったすぎてもアレだし、シャープすぎても微妙だし。



    あと、眉が濃すぎる人は少ないんだけど、足し方が足らなかったり・顔だけ白塗りしていてちょっと眉との化粧っけの対比が変になってる人もチラホラいたかな。



    この辺は今後、自分の顔がどの程度老いてくるか、ちゃんと気をつけながらお化粧しないといけないんだろうな・・・。



    そして、そんな事を考えながらふと気付いた事が。




    20代・30代・40代と歳を重ねるごとに「もう身につけられない服」が増えていく中で・・・50代になったら、どんな服が着れなくなるんだろうと考えていたけれど、今度は服じゃなくて靴なのかも、と。





    もうハイヒールを履けるのも、あと数年しかないんだな~と(切な~い)。






    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment