スポンサーリンク



アラフォー主婦、病気にならないのが最大のアンチエイジングだと痛感する。落とし穴は意外な場所に。その6.ダイエットや太らないのを習慣化するのは、投資と同じ感覚だった。





ダイエットしたことがある人は、痩せることを・太らないことを習慣化できれば良い・・・的な言葉を、聞いたことがあると思います。




「それが大変」・「それができれば苦労しない!」と思うかもしれませんし・かつての私もそうでしたが、それは「習慣的に大変なことをしなくちゃならないのが辛い」


と感じるからで、小さな努力で大きな効果が得られれば、人はそういう「お得」は身に着けやすいです。




そもそも、残したらもったいないと思って食べてしまう食べ物が500円分だとしても、アラフォーともなってそのカロリー分を消費するにはそれなりの時間とオカネがかかります。



(運動するための支度も入れた時間・場所代・交通費等の出費・なにかしらの気力を割く必要がある)



時は金なりで考えると、たぶん500円以上のロスがそこにあるわけです。









スポンサーリンク










どうしても食べたいもの・基本的に食べなきゃならないもの・それを食べてそれ以上の価値を得られるほどの充足感を得られる食べ物ならともかく、


「残っちゃったから」の理由で食べるもの・あと「なんとなく小腹がすいたから、そんなに食べたいと思ってないけど食べちゃったもの」とかは、マイナスの方が多いわけです。




例えば、要らない 500円400キロカロリーのものを食べたら、速歩で100分歩かねば消費できません。



そして、そういう無駄をため込む習性がある以上、消費しきれなかったケースの方が多いから太ると仮定します。




すると、多少消費するために払った気力やら時間やらの残りしかないのに、それらを病院やらなにやらにつぎこまねばならなくなる可能性が高まるわけです。




例えば高血圧になると 降圧剤との副作用の相性もあるし・下がらない場合もあるし・逆に効きすぎて具合が悪くなったりもする事もあるし、



臓器に負担がきてそっちがおかしくなる場合もあるし、ほかに病気になった時に高血圧のままでは手術もできないし・・・



で芋づる式に「負担」や「支払い」が増える場合もあります。








スポンサーリンク








風邪は万病のもと・・・とよく耳にしますが、脂肪が招く病気も、病気を次々に呼び込むケースも、少なくないです。)



だから、私は株や先物取引の投資感覚で、それ以上食べるかどうかを判断します。



そうしたら、「これは食べるべき♡」・「買い!!」な食物ならともかく、赤字になる・不良債権(?)になるとわかっているような「しょぼい存在」には見向きもしなくなりました。




ただ、食べ物を残すというのは確かにもったいない事なので、外食だったら 自分が食べられる分・食べていい分以上に余計なものは頼まない。



セットとかでついてきちゃったら、ほかの人にあげたりする。


もしくはオーダーの時から、お金はちゃんと全額払うけどコレは要らないです・・・と伝えます。




スポンサーリンク

関連記事

テーマ : つぶやき。独り言・・。
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

///ranking///
プロフィール

七井。

Author:七井。
アラフォーの東京住まい。。

親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◆◆◆全記事一覧◆◆◆
AD
AD