スポンサーリンク



アラフォー主婦、病気にならないのが最大のアンチエイジングだと痛感する。落とし穴は意外な場所に。その10 損得勘定で身についたウォーキング





そんな風に強歩と軽いダッシュを無理なく組み合わせていたら、例えばあーまだ20分かーとか、これ終わったらアレやって明日までここチェックしなきゃ・・・とかそういうことも、あんまり考えられなくなって。




ただ頭が真っ白めになって、道を快走していくだけ。




そうしたら、すごく走りこんでいるわけじゃないのにランナーズハイみたいな状態になって、ものすごく頭がすっきりしたんですよね。




普段ぼーっとしているつもりでもできてなかった部分まで、白く塗りつぶせた感じ。



これがクセになって、次また走るのが楽しみになるくらい。




わき腹も痛くならないし、このコンビネーションだとただ歩くよりも1.5倍から2倍程度のカロリーを消費するし。







スポンサーリンク







だから、問題が無いようだったらしばらくこの方法を採用してみようと思いました。



ダイエットの基本としては 有酸素運動になるようある程度の心拍数でキープしたほうが良いのでしょうが、私はこのちょっと強めなあたりにものすごく快感を感じて、これなら継続していけそうなのでそうすることにしました。





あと、屋外だと日焼けが気になるところですが、休日なら夕方の日が落ちるちょっと前を狙って走ることが多いです。




そうすると、日焼けも気にしなくてよいし・夕焼け空がきれいで それを見るのも楽しみだったりするし。




雲がある日は雲がある日で綺麗だけれど、雲一つない空がだんだん茜色に染まっていくのを見るのも、その変化をリアルに感じられて心洗われました。



あと本当は前を向いて走るのが良いのですが、ちょっと目線を下に落とすと太陽や外灯の角度によっては、自分の影が先を走っているように見えるんですよね。








スポンサーリンク









本人は必死にドタドタ気味に走っているのに、影はとっても軽やかに走っているように見えて。



その影を追いかけるように走ると飽きなくて、それで前を向いて走るよりもちょっと下を見て走った方が自分の速さにスピード感があるように感じて、変に病みつき(?)になりました(笑)。




(※一応、前方は注意してます)



あと、そこまでまとまった時間が取れない時は、目的地まで電車やバスに乗らないで歩くということをしています。



すると、バスで20分のところを 徒歩で45分あるくと、本来その用事に行くための20分は当然のように消える時間なのですから、プラス余計に25分浪費するだけで 45分ぶんの運動ができる・・・




と言う風に感じたんです。




スポンサーリンク

関連記事

テーマ : ひとりごと
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

///ranking///
プロフィール

七井。

Author:七井。
アラフォーの東京住まい。。

親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◆◆◆全記事一覧◆◆◆
AD
AD