アラフォー主婦、病気にならないのが最大のアンチエイジングだと痛感する。落とし穴は意外な場所に。その11 ウォーキングにお得要素を満載にさせてみた





    と言うことは、25分ぶんのロスで45分の運動が返ってくるということは、これまた「身に着けやすいお得」なわけで。




    そういう損得勘定を混ぜると 軽量スニーカーで行って、現地で靴を履き替える・・・なんて手間もあんまり面倒だと思わなくなりました。





    そして、消費カロリーの少ないウォーキングのためにわざわざよいこらしょと支度するのもなあ・・・なんて億劫だったけれど、そういう「お得」があるならその消費カロリーでもまあいいかなって思えるようになって。




    あと、バス代電車代がかからないって、なん百円かだけどこれまた「お得」だし(笑)。








    スポンサーリンク







    さすがに雨天・荒天時にはやらないものの、春秋・そして夏は夕方~夜、冬は風の辛くない日を狙ってよくやるようになりました。



    あと一応、心拍計をつけてはかってみたところ、普通にだらだら歩くよりも、両手をちゃんと振った方が心拍数が良い感じに上がるみたいです。



    私だけかもしれないけれど、手を伸ばした状態じゃなくて軽く曲げた状態にして振る方が、有酸素運動をするための目標値に軽く届きました。




    繁華街に行くときはリュックじゃなくてバッグ持ってたりするので、両手は振れないものの・・・。



    それでも片手にバッグ持って、もう一方の腕は振ってますw。







    スポンサーリンク







    あとこのウォーキングやりだして良かったなと思うのは、地図や道路に詳しくなったことw。



    普段、意外と近所でもちょっとだけ有名なお店って行かなかったりするのですが(その割には遠くには行ったりする)、このウォーキング始めてから地元に詳しくなりました(笑)。




    食べログとかネットの情報・画像だけだと美味しそうに見えるお店も、実際店構えや雰囲気を目にできると、「あ、アリだな」・「ナシだな」ってわかるものなんですよね。




    なので、あ、今度ここ行ってみよう・・・と思えたり。



    意外な場所に名店やかわいいお店を見つけて、興味が広がったり。



    そんな有名な建築物やお店じゃなくても、ちょっとこじゃれていたり スラリとした建物が立っていたりすると、その姿に見ほれちゃったり。。



    世界遺産とか超有名なビルとかじゃなくても、世の中「おっ」と思えるような建築物、意外と近場にあったりするんですよね。



    あと、面白い看板とか(笑)。



    ただバスに乗っていたり電車に乗っていると通り過ぎちゃって、たぶんスマホ画面しか見てなくて気づきもしないような風景を色々見れると、なんか楽しくて。




    前に、いつも同じ帰り道じゃなくて違う道を(防犯に気を付けつつも)通った方が、脳には良い刺激になるって聞いたことがあるので、これもまたボケ防止と言う観点では このウォーキングの新たな「お得」なのかなあ、と勝手に思っています。w







    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment