スポンサーリンク



アラフォー主婦、病気にならないのが最大のアンチエイジングだと痛感する。落とし穴は意外な場所に。その12 アラサー「老いの年表」





あと周囲と自分を見ていて思った 病気回避なアンチエイジング要素は、



【D】行事・お出かけ・仕事の「オン」と、休暇・休養・おうち時間などの「オフ」の、自分にとってのベストな割合




【E】自分が何をしたら、よりストレス解消・リフレッシュできるのか。そのベストなツール・メソッド





をちゃんと把握しておくこと。



スケジュールが埋まってないと「気が済まない」人・逆にスケジュールに適度に空きがないと「もたない」人、アラフォーと言ってもさまざまな人がいます。




それで、この世代は 子育てが落ち着いてきたり・仕事が慣れてきたり・病気を得て生き方が変わったりで ふと新しい事をやりだしたり・好みが変わったりする人が多いです。



でも、準備運動不足や走りすぎでヒザを痛めたり・健康やダイエットを目指すがあまり、ゴルフや登山やヨガ・水泳・スカッシュ・ダンスをやり過ぎて関節を痛めたりする人が、割合出現します。






スポンサーリンク










リフレッシュと言うより、中毒・・・みたいになってしまって。



結構そのさじ加減みたいなものを、適度に・自制してできる人ってそんなに多くなかったりします。



あと、反対にストレスを抱え込みすぎて、免疫系の病気になってしまったり・あまり聞いた事も無い病気になって、検査検査でゲッソリしてしまう人もいます。



だから、どの世代にどんな波がやってくるのか分かっていれば、ある程度はよけられるかな・・・と思ったので、自分の周りを見ていたら・・・の感想ですが、なんとなくな年表を書いてみました。






スポンサーリンク








【30歳前後】 

 

中年太り初期。運動不足・育児などでぎっくり腰・ぎっくり背中の人もチラホラ出てくる。高血圧も。



「若い時とは違うんだねー」なんてお互い言いあいながらも、まだどこか余裕がある人が多い。



そして、ちょっと頑張ればまだ痩せられると思っている。


さらに、30代は20代とは違った切羽詰まった忙しさな人が多いので、過食とダイエットを繰り返す人も多い。


そうすると、一番よくない肉のつき方・皮の伸び方をしてしまう。


早い人は、ほうれい線が出てくる。





【30歳前半】



もっと段々、無理が効かなくなってくる。



30ちょいまではアウトドア派だったのに、チラホラインドア派・休日は寝るかゴロゴロ最高派に宗旨替えする人も出てくる。


乳がん・子宮がん・子宮筋腫など婦人科系の病気になる人が目立ち始める。




ほうれい線がくっきりしてくる。

スポンサーリンク

関連記事

テーマ : 主婦のつぶやき
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

///ranking///
プロフィール

七井。

Author:七井。
アラフォーの東京住まい。。

親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◆◆◆全記事一覧◆◆◆
AD
AD