2017-11-18(Sat)

    アラサー・アラフォー「老いの進行表」追加と雑記(^^;。





    アラサー・アラフォー・アラフィフの「老いの年表」を書きましたが・・・正しくは「進行表」になるのかな。




    まあどっちもあんまり変わらない気がしますが、・・・なんて細かいところを拘らなくなってしまうのも、ある種の老いかもしれません(笑)。




    (年取ると、ある程度のことはどうでもいいような気がしてくるんですよね。思春期とか若い頃、なんであんなに細かかったんだろう・・・みたいな。




    年とっても神経質だったり悩み気質な人はいるものの、周りを見ていると「ま・いっか」でそこそこのことをスルーできる人が増えた気がします)





    あとチラホラ周囲の話を思い出したところで行けば・・・そして、一切の遠慮なく記させてもらえば、






    スポンサーリンク








    【30代後半になると】



    白髪染めのTVCMに起用された女優さんが、意外と若いとなんかホッとする。




    「あ、あの人も白髪のCMに出るくらいなら・・・」と、なんとなく安堵できる。



    逆にすごく年上の方がやってると、なんか迫って来てるような気がして気が重い。



    ただ、尿漏れパッドのCMは息子や夫からそういう目で見られるから(そう言うモンなの?と質問されてしまう場合有)、あんなにガンガン流さないでほしいような・・・複雑な心境になる(笑)。



    【40代になると】




    グルグルグルグルコサミン♪(←全国区のCMなのかな?膝回しの運動をしながらのCM。



    グルコサミンは、すり減ってしまった軟骨を再生するという噂のサプリメントです)を単純に笑えなくなってきて、ふと興味ありげに聞いてしまう。








    「そろそろ・・・なのか!?」とw。



    ただ、アラフォーになる前って四十肩・五十肩の人の方が多くなるのかな?と思ったけれど、それよりも首と肩と腰のコリによる痛みがある人の方が多いかな・・・?




    だからこそ、アラフォーファッション誌で冬場でもガッツリ首元があいた服やら・生足から冷えが入って腰に来そうなコーディネートが載ってたりしたら、ウーム(-”- )とか思ってしまいます。




    スポンサーリンク






    【3・40代になると】



    美容院に行ってイメチェンした後、「カワイイ!」と言われることがどんどん減っていく。



    化粧ポーチやコスメ・ハンカチ・スマホケースなどの小物について「可愛い!」と言われることはあっても、自分本体をたまに「可愛い!」と言われるような事があると、違和感を感じるようになる。




    だからか、「可愛い」を追い求めてSNSやランチ会などで「可愛い」としつこく言われたがる人がいたり、逆に自分本体の可愛さ追求は諦めて、服はシンプルにしても小物くらいはまだ良いよね♪的に、フェミニン系のグッズに走る人も出てくる。



    「可愛い」と言われたい人は「可愛い」と言いあうことができる人と群れやすく、その他の人は「可愛い」と言うと怪訝そうになったり・「本当?(疑」と信じなくなってくるので、無難な誉め言葉は「素敵」になってくる。




    また、元々が菊池桃子さん等の「いわゆる可愛い系」の顔立ちでない限り、42・3のガクッ山を超えるとそこはかとなく おっさん顔に近づいてくる節があるので、髪型・メイク・服・化粧にはやはり最低限の気遣いはした方が良い感じ。



    周囲を見ていると、山を越えてゆるやかに小綺麗な「オバサン」になるのは良い方で、「老婆」になってしまったり、「老婆」どころでもなくて女性らしさとか可愛げみたいなものがほとんど見当たらなくなって、「オジさん」・「お爺さん」になってしまう人もいる。。(怖




    一番の落とし穴は、美人女優さんに憧れて真似してショートヘアにしてみた場合で、あの顔立ちとあの髪の空気感・スタイリングだからこそ「見れる」アラフォーとなっているのであって、



    適当な切り方・適当なスタイリング・向いてない顔つき・顔の大きさだととんでもない事になるので注意が必要。




    (最悪、おばさんファッションよりも 作業着が似合う風体になってしまう)。。。





    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    コメント

    ///ranking///
    プロフィール

    七井。

    Author:七井。
    アラフォーの東京住まい。。

    親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

    アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ◆◆◆全記事一覧◆◆◆
    AD