スポンサーリンク



アラフォー主婦、四十路になってファンデーションに悩む。厚いと皺が寄るし・薄いと貧相だし…。その1




そういえば、老いの進行表と関連した話なのですが、40過ぎたころから、周囲がファンデーションについて迷走し始めました。




なんでしょうね。



40代って目の下とかほうれい線以外、そんなに深めの皺って刻まれはしないんですけど、細かいシワとか・肌のモソモソっと感が出てくるから・・・

今までのファンデーションが浮いて見えたり・なんか馴染んでなかったりしだすんですよね。




そう、化粧台での前からのライトを浴びた時はあまりわからなくても、髪型や生え際の後退具合・顔のたるみ・シワでも「中年の敵」として登場した、真上からの自然光を浴びた時とくに、その浮き具合がハッキリ見えてしまったりするのです。








スポンサーリンク








しかも、シワにファンデがはいると、寄れやすいし・浮くし・なんかまだらっぽくもなりやすいし・・・。




まだ化粧崩れしてないのに、鏡の前で作り笑いとかして顔の表面を動かしてみると、最初っからなんか汚い。。




厚塗りなんかしたら、もう最悪。よれまくり。




でも、シミや肝斑なんかが出てたりするから、ある程度のカバー力は欲しい。




と言うことは、厚ぬりにならずにカバー力のあるファンデーションを求めなきゃいけないけど、、それって両立するの・・・???









スポンサーリンク






そんな相反しているような、なんか微妙な感じの疑問にぶち当たるわけです。



それでも肌質によっては全然平気な人もいるのですが、20・30代では大丈夫だった カバー力の高い コッテリ系のリキッドファンデーションが、浮く人がチラホラ出てきます。




だから、若い時は「厚化粧」に見えなかった「ちょうどよい濃さ」のファンデも塗り方も変えてないのに、別にこちら側から積極的に変更したわけでもないのに、ある程度のお年頃になると周囲からは「厚化粧」に見えてしまう可能性が出てくるんです。




そして、その悲惨はリキッドファンデのみにあらず、パウダーファンデもしかり。




鼻や鼻筋の立体感よりもフェイスラインの崩れやらふくらみやら顔全体のむくみやら・加齢による瞼の「下がり」で二重のラインが薄くなったり・一重なら余計に目が小さく見えてしまったり・・・



と言うことが発生するので、若い時はサッサッで塗っておしまいでそれなりに見栄えがしたのに、なんか肌はモソっとしてるし、顔にしまりがないし。。





そんなこんなを経て、私の周りの四十路は数パターンに分かれて迷走を始めています。


スポンサーリンク

関連記事

テーマ : 主婦のつぶやき
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

///ranking///
プロフィール

七井。

Author:七井。
アラフォーの東京住まい。。

親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◆◆◆全記事一覧◆◆◆
AD
AD