アラフォー主婦、40・50・60代のまつエクについて考える。老いてもまつげバサバサでいける人たちとは。その1



    そうそう。ちまたの「生」のアラフォーファッション・アラフォーヘアスタイルなどを観察するようになって、ふと「これってどうなんだろう」とよく目につき始めたのは、まつエクだったんですよね。



    それで、世間の方々をそれなりに一通り眺めた後、周囲の友人・知人のを分析したり・話を聞かせて貰った結果・・・。



    アラサーでは、かなり高い確率でまつ毛エクステをやっている人がいて(私の周囲だと半数以上)。



    でもアラフォーになると、だいぶ減って3割くらい・・・!?



    そして、アラフィフ近くになってくると1割、アラ還だとそのまた半分くらいかな・・・!?(大体の数字です)



    目の下のたるみ・法令線・おでこのシワ・アイラインのゆるみ等々が出だして、「オバサン」っぽくなってきたのではなくて「オバサン」なのだとはっきり分かったくらいから、まつげバサバサが似合わなくなる人が増えたかな!?








    今や、こんなバサバサはごく少数・・・。これも、パッツンボブ同様・若い内にやっとけパターンですかね・・・。





    スポンサーリンク







    逆に、老けてきても・・・まあここまでのバサバサじゃなくても・多少のまつエクならそれでもまだイケる人って、



    ◆女豹・女社長系覇気・オーラあります系



    (どっちかと言うと格好いいとか迫力ある系の整った顔):例:萬田久子・黒木メイサ・杉本彩など。



    ◆白肌・どんぐりまなこ・程よいぷっくりほっぺなどの童顔・かわいいらしい系ご婦人。



    お人形さんっぽかったり、アイドルっぽかったり。老いても可憐な感じが健在なゾーン。例:菊池桃子・石野真子 など。



    ◆一時期ほど流行ってないけど、今でも巻き髪似合っちゃいます!!セレブ風系。



    シャネル・エルメスとか大好き・頭や胸にカメリアつけてもまだいけます!



    40代になろうが50代になろうが60代になろうが、膝が見えるミニスカノースリーブAラインワンピ着れます!



    ・・・なんとなく、名古屋のお金持ちに多そうなイメージの方々(もしくは、インスタの#アラフィフ タグでご活躍の方々のイメージ)。



    例:君島十和子・かつみ・さゆりのさゆり など。





    スポンサーリンク






    ◆飲み屋・スナックのママさん系・もしくは色気あります系



    伏し目がちになったときに色気が出るタイプだから、あんまりクリンクリンカールのまつエクよりは、自然な方が似合うタイプ。



    例:壇蜜・橋本マナミなど。



    ◆ハーフ顔・濃い系の外人顔パターン。



    ・・・かな!?



    なんかある程度のこういう「定型」に収まらない顔だと、人工的なまつげでバサバサだと、浮いちゃうんですよね。



    特に、伏し目がちになった時に(だから、自覚は余り出ないかもしれないけど)。




    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment