【1】アラフォー以降、普段のファッションが制限されると皆どこで発散するようになるか。スポーツウェアは結構自由。




    ちょっと話はそれまして。



    そんな、四十路一般人は、なんでもかんでもシンプルにしなきゃならないの?とまだ引っかかる人は。。



    洗い替えにも良いくらいの基本の基本・ベーシックなワードローブが無印とかユニクロだけじゃ味気ない!!



    やっぱり、アクセサリーや靴やバッグ以外にも、服そのものを楽しみたい!!って人は、こういうちょっと違う方面で発散してました。



    周囲を見てて思った、その実例をご紹介・・・。





    スポンサーリンク






    【A】四十路だろうがスポーツ系のファッションならまだ意外と自由&ある程度の肌見せオッケーになるので、そこで発散する。



    ゴルフウェア・テニスウェア・スイミングスクールでの水着・ジョギングウェア・ヨガウェア・スポーツクラブ内でのTシャツとパンツなどの格好に凝る。



    普段似合わないきつめの色・ショッキングピンクとか・柄柄もののTシャツとか、意外とスポーツ系のファッションならまだ似合ったりするんですよね。









    高校選びをカワイイ制服で決めたノリで、その格好をしたいがためにそのスポーツをする人まで現れたり。



    猛者は、恵比須のスポーツクラブのちょっとしたバレエ初級プログラムにトゥシューズ・チュチュ着た結構ご高齢(アラカン~)の人が集まると聞いて、わざわざそこに通ったりもしてました(ちょっと前の話なので、現在どうだかは知りません)。






    (ほんとのほんとの、初心者コースらしい)




    スポンサーリンク






    あと、スポーツ系の格好って普段の服と全然違うから、あれもこれも揃えたい♪こことここはどう組み合わせれば映えるんだろう♪って、知識欲刺激されたりもするみたい。




    フラダンス習い始めた人は、「髪が切れない」とは嘆いていたものの、定期的な発表会とか楽しそうにやってました。







    あとゴルフとかジョギングウェアって、脚出したり・スポーツタイプのスパッツ履いて重ね着したりして、これまたいっつも露出控えめにしなきゃいけない普段とのギャップが楽しめて良いみたい。





    ただホットヨガはあったまって関節伸ばすからやりすぎは余計に負担になるし、ジョギングは準備運動とクールダウンしっかり&ランナーズハイの中毒みたいになってやりこみすぎると膝とか肩逆に痛めてしまう人も居たから、ガラスのハート♡ならぬがらすの関節♥(?)な四十路そこら辺は注意ですかねえ(^^;。(笑)



    私はジョギングウェアとスポクラファッションにハマって、色々揃えました。



    色柄気に入ったものがあるのも気分あがるし、自分の体形や足にぴったりで・なおかつ着心地やら運動効率やらなにやらベストなアイテム・ブランド見つけると余計にうれしかったりするし、いい気分転換になりました。




    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment