スポンサーリンク



アラフォー主婦、枕で首の皺って、変わったことないなあと思う件。





鏡の前でもう一回やってみたら、この間の絵は上手く描けてなかったみたいなので、もう一回。



四十路首元

※相変わらず、伝わればいいをモットーにマウスでお絵描きしております。



この緑色の丸印あたり(わきの下よりもちょっとバストトップ寄り」~首に思いっきり力を入れて胸を支えている筋肉を鍛えようとすると、首の皮付近(ふわっとベールみたいに点々がかかってる部分)がすごいことになるんですよ、ハイ。



もう誰も居ない所で・明るい場所で、全力でやってみてくださいね・・・。。



とくにこの縦の筋がでまくるくらいやると、かなりはっきり老いが出ますから。






スポンサーリンク









一方で、首の皺って「枕が大事」って言いますけどね・・・。



私あんまりそれ実感したこと、ないんですよねえ。




肩こり持ちだから安眠のため素材からオーダーメイドまで色々枕変えてみたりしたものの、それで首の皺がどうにかなったことって無かったかなあ。




(安眠の方は、好みのものにしたらバッチリでした)



ただ、姿勢やクセなんかでいくらでも首の皺は深く刻まれるものの、薄くなったりはしなかったような。






スポンサーリンク








もうこの辺は、私的には いくら首のマッサージをしようが・高いクリーム使おうが・やらないよりマシ・・・で、現状って元々の遺伝でしょ?体質でしょ?って結論です(笑)。




首にしわを作らないように・・・って言っても、寝返りもできず緊張して寝たら快眠できなさそうだし。



(追い求めすぎても、キリがない・・・)



睡眠の質もアンチエイジングは、重要だしねえ。




ただそうそう、皺を薄くはならなくても深くするのはいくらでもできるので、スマホずっとみててついずっと顎を引きまくってるとシワが深くなっていったりはするみたい。



かくして、たまにかの金言を思い出しては、アラフォースワン(?)になってみたりしています(笑)。





スポンサーリンク

関連記事

テーマ : 主婦のつぶやき
ジャンル : 結婚・家庭生活

コメントの投稿

非公開コメント

///ranking///
プロフィール

七井。

Author:七井。
アラフォーの東京住まい。。

親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◆◆◆全記事一覧◆◆◆
AD