【2】40代女性の白髪・禿げ事情。ある年齢を境に黒髪が増える理由って、コレだったのか。。




    そう言えば。



    昔「髪のコシが強い人は、産後も髪が抜けない」と噂に聞いていて、私は実際そうだったのですが・・・。




    (毛量多め・固めなので一つ結びをしたらしめ縄感が出る位だったので、少し減るのを期待していたぐらいだったのですが、全く減りませんでした・・・)



    「老化」においては、どうなんだろう・・・!?(震




    これも周囲の話によると、髪自体が細く弱弱しくなっていく(干からびたブロッコリースプラウトのように細々となっていく・・・と言ってた人がいた)タイプと、

    毛量自体が減っちゃうタイプがいるみたい(全体的にだったり・生え際が後退したり・つむじの辺りが薄くなったり)。







    スポンサーリンク










    そして、私はちょっと前から「50代くらいを境に、黒髪女性が増えるのってなんでなんだろう!?」と思っていたけれど。



    周りの話を聞いていると、髪が薄くなったり細くなった人たちが、頭皮への刺激を避けるためにカラートリートメントにしていく → 髪色を抜いてからカラーを入れるわけじゃないから、どんどん髪色が黒くなっていくパターンと、


    まめなヘアカラー&髪の事を考えればその都度トリートメント・・・と美容院に行く手間暇お金がかかるにも関わらず、若い時ほどの「リターン」を感じないから費用対効果に絶望して、


    それなら黒髪でも同じか・・・とカラートリートメントやヘナ&黒髪でツヤツヤしてるのを目指した方がいいのかしら、と妥協するパターンと、


    もうとにかくチラっとでも白髪が見えるのがイヤで神経質になり過ぎて、でも刺激を考えればその都度ヘアカラーできない(私の周囲では多くても二週間にいっぺんで、大体平均1か月に1回が一般的でした)のに嫌気がさして、白髪でイライラするくらいなら、家でこまめに染めてた方が精神の安寧を得られる・・・と言う人が多かったかな。。





    スポンサーリンク






    あと、ヘアカラーで栗毛色とか明るい茶色にしている人と、黒髪の人の違いが一番わかるのって太陽光の下とか・すごく明るい室内だったりするから、



    洗面台や三面鏡や家にある姿見で見える自分の髪色よりも、他人が外でその人の髪色見る時の方が、はっきりその「差」って出るんですよね。。



    だから本人的にはダークブラウンやライトブラウンくらいから黒髪にしても、家の中じゃそんなに違いを自覚できないけれど・・・。



    久々に外で待ち合わせしたりした友人たちは、おっかなり変わったなあ・・・なんでまたこんな真っ黒に・・・なんて思ってる事もあったりして。




    まあ敢えて、「黒髪にしたの?前の方が良いよ」っていう人も居なくて、「黒もステキね」くらいに表現とどめるから、本人にもあんまり「前の方が良かったかも」感って伝わらなかったり。。



    そしてこの歳になればみんなそこそこ髪の毛の事は気にしてるから、そんなに追及しなかったりするし。。。



    (若い時なら、○○さん絶対明るい方が良かった!!とか言うけどね、みんなそろそろギクっとするお年頃だもんな・・・)





    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment