2018-08-22(Wed)

    【3】40代女性の白髪・禿げ事情。ある年齢を境に黒髪が増える理由って、コレだったのか。。確かに「費用対効果」には絶望するよね・・・(笑)。




    でも、40代と言う微妙なお年頃になって費用対効果に絶望するのは、私もよ~~~~~~~~くわかります・・・。



    なんだろう、髪型一つでも、こうしたらもっと見栄えがよくなるかも・・・とか・素敵になれるかも・・・っていう「期待値」自体も、老化の現実に直面するたびに若い頃より下がる一方だし。



    20歳くらいの若い子の「あか抜けてないビフォー」 からの、敏腕美容師が素敵にしてみましたな「アフター」の変化程、バン!と上昇値を叩き出せなくなったと言うか。



    40代アラフォー女性以降をターゲットにしたヘアカタログ・雑誌もあるけど、ビフォーは暗い表情したり・わざとメイクやヘアちょっと酷い風にしたり・



    写真自体の明るさが無かったりして「手」を加えてあるだけで、20代の原生林のような女の子が一気に垢ぬける・・・みたいなシンデレラ感ってもうないんですよね。



    アフター見ても。






    スポンサーリンク







    40代にもなって何がシンデレラ感だよと言うかもしれませんが、プリンセスにはなりたいとはそりゃこの歳だからもう思わないものの、

    この歳になったからこそ費用対効果が薄すぎるものって食指が動かなくなるんですよね・・・。




    そう、、、ぶっちゃけ。アラフォー・アラフィフ女性ってよっぽど今まで「女性」であることに対して手抜きしてなかった場合を除き、「ビフォー」も実は「そこそこ」見れる状態なんですよね。。



    化粧も髪型にも凝ったことが無くて未開地のようにあか抜けてなかった頃よりは、実はそれなりの経験値が効いてると言うか。




    でもおばあちゃんになる前に、「そこそこ」じゃなくてもう一歩踏み込んで最後ちっちゃくでも綺麗にひと花さかせたい(※自己満足メイン)と思うし、やっぱり日々老いていく我が身を見てると、もうちょっとどこか何とかした方が良いのかなあとも思うし。






    スポンサーリンク








    それでも40代ともなると子宮の病気やらガンやらの人が周囲に増えてくるから、健康も気になってくるし。



    調べたものの結局どっちが本当なのか分らなかった、子宮の病気とヘアカラーの関係についても、多少は気になるし。




    だから、そんな病気・禿・両方の意味で危険かもしれないヘアカラーをガンガンしまくって・カラー剤にもトリートメントにもお金と時間をかけまくって月何万(安いとこはもっと安いけど、この手の分野はお金をかけだすときりがない・・・!)パタパタとお札に羽が生えて消えていくよりも、


    「そこそこ」きれいならそれでいいんじゃないかな・・・とか、思っちゃうの分かります。




    私なんて心もとなくなる前から、ビビって黒髪にしちゃったので。。。



    でもそう考えると、若い時、金髪とかやっておけばよかったかなあ。(笑)




    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    コメント

    ///ranking///
    プロフィール

    七井。

    Author:七井。
    40代・東京住まい。。

    親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

    アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ◆◆◆全記事一覧◆◆◆
    AD