アラフォー主婦、メディカルアートメイクで眉メイクが超絶楽になる。その3 施術の長所と短所一覧。




    そんなこんなで、自分がやってみたアートメイクの長所・短所をあげてみると。



    【長所】


    メイクが楽になる。眉の形に悩まず、色をちょっと足すだけで良い。


    猛暑日・プールや温泉・スポーツジム・お泊りなんかに、全く気を遣わなくてよくなる。


    メイクした時とすっぴんとの差が縮まる。


    (急に入院した時とか・何かあって誰かの家に身を寄せなきゃいけない時とか(?)に強くなる)。


    (四十路以降のスッピンってみんな肌とかシワとかシミとか気にするけど、眉がしっかりしてるとそっちになんとなく目が行くので結構誤魔化せる気が・・・!?)


    こすっても落ちない・移らないから、布団とか子供の顔とかにもアイブローが移ったりしない。



    【短所】



    ちょっと高い(毎月の美容院代を考えると、年間換算すると実はコスパよしかもしれないけども)。


    施術できる場所が少ない。


    施術後3日はワセリンを塗り続けて、乾燥を防がなければならない(塗らないとポロポロ薄皮と言うか・皮膚がめくれる人もいるみたい。


    ちなみに私は一切めくれず、そう言う人の方が色の残りがよいかもしれない、なんて事も聞きました)


    海水浴・プール・サウナ・温泉は、施術後二週間我慢。


    施術当日は飲酒できない。


    時間がずっと経って薄くなって退色した時、色が青やオレンジっぽく残ることがあるので、残り具合によっては数年に1度はメンテナンスした方がよいかもしれない。







    スポンサーリンク






    あと施術担当者、なんて言ってたかな・・・。



    あそうそう、これ以上茶色い色で元々を染める事は出来ないから、髪色がライトブラウンな人は眉マスカラで眉を茶色くして調節した方が良いかもって言ってたかな。



    それと、人気施術者はほんとに予約が埋まりまくってるから、急なキャンセルとかでないと、ぽっと入るのは難しくてちょっと待たされるかも。



    1回目それで入れても、2回目の予約が中々入れられなかったりするから、自分のスケジュールに余裕がある時期の方がいいかも。



    他には・・・、デザイン決めや色を入れた後など、お客様側が手鏡でチェックする時間があるのだけれど、美意識高い人は入念にチェックしまくって、ずーっと見てる人もいるらしい。




    確かにインスタの実例、美意識高そうな人多いもんな・・・。





    スポンサーリンク






    あとおばあさんや男性のお客さんの実例も、インスタにはありました。



    確かに男性で眉毛ない人は、メイクするのも難しいだろうし、アートメイク助かるだろうな。




    私はめっちゃ美意識高くないし、ストイックさが要る美魔女なんて無理無理・・・レベルの一般人だけども、費用対効果の高い「楽」と「アンチエイジング」には食指動いたし、今回やってよかったと思うもんなあ(楽過ぎて、無かった頃にはもう戻れない・・・)。。




    あ・ちなみに、名前がメディカルアートメイクからメディカルブローにかわるらしいです。


    メディカルアートメイクさん(@medical_artmake_clinic)がシェアした投稿 -




    全国展開していくみたい。




    お近くの街でも、施術を受けれるようになれるかも!?




    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment