2018-09-07(Fri)

    【2】四十路主婦、茶色のアイシャドーに苦戦しだす。遮光器土偶にラメに、落とし穴がいっぱい。





    昔はM・A・Cのアイシャドーとかも買ってたのに、40過ぎると濃く色が出ちゃうアイシャドーは要注意になって来ました。



    こういうはっきりした顔(一番右)







    なら歳とってもそう言うパキッとした色合い似合うかもしれないけれど、私みたいな四十路一般人がこういう瞼にこってり塗ると、エキゾチック通り越してダダ滑りしかしなくなるし・・・。




    茶色ですら、こういう疲れ






    に見えるし(↑この子なんてまだ学生なのに・・・でもこの疲れ顔、四十路からすると人事とは思えないw)。




    マキアとかのメイク雑誌見ると、下瞼に太めに色入れてる事あるけど、四十路は匙加減と色味間違えると、なんかすごいことになりそう・・・。。。




    スポンサーリンク








    なんかこういうクマだけじゃなくて、目の下のたるみも遮光器土偶みたいになってきちゃうから、ほんとおそろしい。








    そしてまぶたのたるみで二重のラインがうすくなったり・瞼が加齢でたるんでくる分覆いかぶさって目が小さく見えたりしていくし・前の記事にも書いたけれど、鼻は下手すると巨大化していくし。。



    本当に、四十路の上り坂にはつかまるところが少ないどころか、落とし穴がいっぱいです。




    かたや、ラメが大粒すぎてギラッギラしてても四十路一般人にはきっついし、逆にマットすぎると何にもなさすぎても瞼がくすんでるかのように見えてしまう事もあるし。







    スポンサーリンク






    ラメラメのすごいのとかも、若いうちにしておけばよかったかな・・・!?



    まあ、髪型やファッションと違って、家の中でくらいならさっと塗ったりする事はできるけど。。




    ただ、今ラメが少なめのを使ってても、眼球に入らないよう結構慎重に塗ってるかも。



    塗るときはもちろん、ちょっと目の付近がかゆくなった時とか・アイメイクを落とす時とか。



    若い時より、その辺は気を付けるようになりました。(ラメは金属片だから、眼球を傷つける事があるらしい)



    若い時は回復が早いかもしれないものの、この歳になってどこか痛めたらダメージが大きそうだから、怖がらない程度に・でも目には優しくを基本にメイクするようにしています。




    (色々な面で、若い時と時間をかける場所が変わって来た・・・(笑))






    コメントの投稿

    管理者にだけ表示を許可する

    コメント

    ///ranking///
    プロフィール

    七井。

    Author:七井。
    40代・東京住まい。。

    親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

    アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

    最新記事
    最新コメント
    カテゴリ
    ◆◆◆全記事一覧◆◆◆
    AD