【10】四十路主婦、ベースメークに苦戦しだす。カバー力のあるファンデに「負ける」アラフィフの悲哀。。



    そして、話を元に戻しまして。



    エクセルーラのBBは手ごろだけど、つきかたが今一つ・・・!?



    BBとかCCクリームって、意外と買ってみないと濃さとか伸びわからないし、商品によって結構違いますよね・・・。



    (それなのに、ドラストものだとテスター無かったりするし)



    崩れないと評判のエスティローダーのリキッドファンデ、ダブルウェアも若い時は良かったけれど、歳とってからはちょっとなんか肌への閉塞感(?)とカバー力有りすぎるのが気になって、使わなくなってしまったかなあ。




    未だにダブルウェアを使い続けてるアラフィフの知人がいて、その人はバッチリ決まってたからほんと肌質もあるんでしょうね。



    だけど結局毛穴にファンデがあればあるほど角栓できちゃう私は、当分見送りです(涙)。



    (産出されるものがレアアースなら、儲かるから大歓迎なのに・・・(現実逃避))




    スポンサーリンク








    もう、冠婚葬祭(しかも派手な格好とか)・フラダンスの発表会とかのレベルになれば、私みたいな一般人フェイスでもその濃いベースメイクに耐えられるのでしょうが・・・。




    なんか、カバー力がありすぎるとそのカバー力に、普通の普段着の服が負けるんですよね^^;。



    普段着って言っても、Tシャツジーンズとかじゃないんですよ。(泣)



    この辺、お顔立ちがはっきりしてると、四十路になっても濃いベースメイクって似合うのかしら・・・!?(悲しき四十路一般人)



    あと、アラカン以降くらいにマダム!って感じになると、濃くても「あるある」な感じで滑らないのかなあ。





    スポンサーリンク






    あと自分が、その世代のどのタイプかの「量産型」的な「あるある」にハマれば、割と自由度あるのかなあ・・・?



    なんか自分が老いた顔って意外とリアルに想像できないので、母や祖母がどうだったかな・・・と思い返してみたのですが。



    私、母より父似なので、比較対象が居ない・・・!(笑)



    (しかも、そんなに父にも似ていないと言う・・・)



    こういう時自分にそっくりな母・祖母・伯母なんかがいると、参考になるんでしょうね。



    客観的にも、髪型やメイクを分析できるし。




    sponsored link