一般人なアラフィフ主婦、国内で服を買うのに「結局残った店」はこんな感じ。





    そんなこんなで、ハワイでは割と自由にあちこち買い回ったり、それなりに自由なファッションしてたけど。


    国内ではと言うと、個人的にはベーシックな物を小綺麗・シンプル系で揃えて、トップスが無印良品、ボトムスがユニクロで買う事が多くなったかな。




    それ以外、「サイズが入ったら」・「シルエットや色が綺麗だったら」、トゥモローランドやギャルリー・ヴィー、シップス・ビームス・ユナイテッドアローズ・新宿伊勢丹3階あたりざーっと見てたまーに買う感じ・・・!?




    ユニクロや無印にない良い色味のニット・シャツとか、あんまりヒラヒラしてないトップス買ったりすることはあるかな。



    あと、あってノーリーズとかスピックアンドスパンとか・・・?でも上のより、ちょっと「女っぽ」とやらがこの二つのブランドにはある気がして、ちょっと遠のき気味かなあ。




    スポンサーリンク






    そして一方で、なんか前は少しでも可能性のある服がないかと修行のようにルミネも見て回ったものの、、惨敗続きで最近めっきり行かなくなりました。




    ルミネは女子大生ファッションが多いから、うっかり迷い込むと娘の服を見てる母設定じゃないと、結構眩しすぎて精神的にきついw。(ゲームのダメージゾーンに近い / そんな時はイマジネーションが大活躍)



    もしルミネ行っても、ほんとシップスとかトゥモローランドとか、さっき書いたその辺くらい・・・。



    あと、服じゃないソニプラで雑貨見たりとか・イセタンミラーで化粧品見たりとか・・・。有楽町ルミネならアトリエカオルでジュエリー見たり・・・!?



    そして同じく、バーニーズニュヨークも主張が強めだから、見てる分には楽しいんだけど買うのは全然・・・(笑)。




    (ハワイでも、サックス・フィフス・アベニューはバーニーズみたいに主張強すぎて、美術館観賞気分でウィンドーショッピングするのみだった(←それはそれで楽しいけど、ほんと次元の違いを感じる今日この頃です^^;。)



    スポンサーリンク






    あとアウターだと、コートはマックスマーラのウィークエンドラインとか、その辺。




    タトラスとかぱっと見てすぐ分かる物は、結局手を出してないです・・・。



    だって、急に流行らなくなった時、もったいなくなるから(笑)。



    だけど、結構長持ちしてますね、流行・・・。




    最初もっとはやりが短命かと思ってたものの、1つのブランドだけじゃなくてカナダグースやらモンクレールやらと同時に流行って一極集中しなかったのも良かったのかな。



    しかしまあ、あのテカテカ感とか主張にも、勝てない顔なのが辛い^^;。




    でも次は・・・そんなタトラスだけでなく、プチプラにも顔が負けたお話を書きたいと思います。



    (「しまパト」すらもかなわない、この切なさよ・・・)。。







    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment