四十路主婦、ポロ・ラルフローレンとかのトラッド系も「きちんと」にならず、カジュアル感が突き抜けてて辛い(涙)



    そうそう。



    10代後半から20代くらいの時って、漠然と・・・大人になったらサラッと白シャツとデニムが着こなせるような、「大人っぽい」感じに無理なくなれると思い込んでたんですよね、何となく。




    昔、流行ってたし。だからその後も、なんとなくそんな印象でいました。



    まあさすがに、それプラス牛の鼻輪







    的な大きな輪っかのピアスに赤い口紅・・・とかは、過去のムーブメントだと言うのは理解してましたけど。。



    だけど35過ぎて分かったのは、年齢的に「子供っぽい」が「大人っぽい」になったからと言って、それが最終進化ではなくてそこは一瞬の通過点で、まだまだ先が「たんまり」あるのだと。





    スポンサーリンク







    「大人っぽい(女らしい)人」の次は、色々着こなせるファッショニスタ的存在じゃ無ければ




    「大人っぽい(行き過ぎてない・そこそこ似合う・若作りしてない・かと言って地味過ぎもしない・落ち着いたファッションの)人」と言う「枠」が待っているんだと痛感した次第で。。(←今ココ)




    いやほんと、ファッション雑誌の指南どおりになんでも似合う人は、そんな枠に収まらなくていいんでしょうけれど・・・。



    (それこそ、私の分まで「好きなもの着ればいいのよ!」人生を謳歌してほしい・・・!(最早諦めて、他人に願いを託すスタイル)。



    なんか私みたいな四十路一般人ともなると、なんとな~く大人になったら頼りになるのかな!?と思っていたポロ・ラルフローレンとかの「トラッド系」もビミョーにカジュアル感が・意外と突き抜けてて辛い(涙)。





    スポンサーリンク






    ほんといざあててみると想像していたよりも、カジュアル感が強いんですよね・・・。




    休日のご近所服っぽくなっちゃって、ちょいきちんと感が意外と出ない。フェミニン系はまあなんとかアリだけど、中性的な服は特に。




    ・・・で四十路一般人としてはふつーの服はいくらでも「休日のご近所服」になれるので、あえてそこを探す必要は無くて。



    なのに、おっこれなら!と思ってハンガーを手に取ろうとすると、胸元にドーン!とポロラルフローレンのマークが入ってたりして。




    海外ブランドってなんであんなにマーク入れたがるんだろう&しかもマーク大きめだったり、前になくて安心したら背中にドドドーン!と文字が入っててガックリしたりすることが、多いんですよね・・・。






    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment