【2】「寄る年波には勝てない」って言うけど、波・・・高すぎない!?四十路主婦、緑内障グレー判定に苦笑い。。




    いやほんと、「寄る年波には勝てない」って言葉、「体力が~」・「膝が~」・「疲れが抜けなくて~」みたいなのは30代から始まるのは知っていたけれど、



    こういう目みたいな生活の基礎を揺るがすところを大きく揺さぶってくるのって、60代くらいかと思ってました。



    30・40代であるかないかの微妙な波、60代でさざ波、80代で高波っぽくなる・・・みたいなイメージでした。



    それなのに、なんなのこの基本「高潮」みたいな状態からの、「高波」みたいなのは・・・!!






    スポンサーリンク





    あの、、防波堤とかで釣りをしていたら何もなかった海からドーン!と急激に高い波がやってきて、攫われちゃう・・・みたいなイメージですね。。



    たーすけてーw。(白旗)




    まあ、女は「7の倍数」でガクッと老けるのも、高波みたいだな~と思っていたけれど・・・。



    外見の老化だけじゃなく、内面でもショッキングな老化がドカン!とやってきて気づくんですね・・・。



    うう、まだ40代後半なって間もないのに・・・。



    あみだクジを辿る時にカクッカクッと下に下って行くような、そんな気分になってしまいました(笑)。





    スポンサーリンク






    まあ、もっと重病とか・深刻な老化と闘ってる方々を考えるとこんなので騒いでるのもどうかとは思いつつも、ちょっと予測より早すぎて。




    「もう来たか!」・「来るの早いよ!」と思ってしまいました。



    ・・・二十歳になった時とかは、「まだ成人したって実感、あんまりわかないなあ・・・」と思いつつ数年平気で経ってしまったけれど、四十路とかアラフィフってすぐさま現実突き付けられて、速攻で歳を実感するものなんですね。(苦笑)




    今のアラカンくらいのご婦人方の元気さ・活発さ・大声で笑い合える感じを見てると、40後半でこれだけドッとくるイメージ無かったのにな・・・。



    60くらいになると気にしなくなるのか、それともあの世代が元気なのか、どっちなんでしょうね。



    とりあえずまた半年後、測定してきます~。






    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment