中度なのに熱中症回復に1ヶ月かかったアラフィフの悲惨記録その2




    ・・・で、おかしくなった当日の夜はそこまでのどが渇くとかもなくて、まあ普通・・・と言った感じでした。



    だから、私の熱中症、何が決め手!とか無かったんですよ。



    普段よりちょっと長時間睡眠をとって、普段よりちょっと起き抜けの水がそこまで多くは無くて、普段よりちょっと暑くて胸元に多少の滝汗をかいたけれど、炎天下にずっといたとか



    クーラーがなかったとかでもない。ほんのちょっと・ちょっと・ちょっとがいくつかたまっていっただけだったのに、あとは翌日、坂道を転がるかのようでした



    ただし、軽度の熱中症と重度の熱中症しかないわけじゃなくて、その中間があるんですよね。



    だから私は倒れもしないし・意識もあるし・救急車で運ばれるってわけでも全然なくて、最初はとにかくなんか具合が悪い、頭が痛い・・・だけ。




    スポンサーリンク







    だからもしかしたら脳腫瘍とか脳の病気なんだろうか!?こんなに頭痛なんてあったっけ?風邪?片頭痛ならもっとギリギリと痛むだろうし・・・と言う感じ。



    なんか得体のしれない感じにビビって、頭痛でググっては手術が要るのかな~?なんて考えてちぢこまっていたのですが、その5日後にどうしても外出しなければならなくて、



    これまた炎天下ひとりでお出かけしました。すると吐き気がすごくなって、吐けないけれど気持ち悪さいっぱい。



    なので用事をすませたらすぐかえれず、トイレの洋式便座で何分か座ってました。



    ここ数日間食欲は無くて、頭痛いのと気持ち悪いので、お水はとってた感じだったかな・・・?




    スポンサーリンク





    出先の近所に思い出のカフェがあったので、どうしても寄りたくて帰り道でもあったし寄ってみたけれど、ケーキ食べれませんでしたね。



    人生で初めてだったかも、ケーキを食べたいのに食べれないとか(苦笑)。



    そしておそるおそる病院に行ってみると、CTとかMRIをとられるまでもなく、お医者さんがケラケラと笑いながら(本当です(涙))「えー風邪か熱中症だね!まあ多分熱中症だね!この漢方飲んでみるしかないから!」的にあしらわれ、帰って来ました。



    でも私は熱中症の可能性を全く考えてなかったので、え?????と言う感じ。



    まあ確かにこんな頭痛は風邪や片頭痛ではかかったことないし、風邪だと喉や関節だけいたいのに、なんか体全体がヤバい感じは新しい。



    だから、その可能性もあるのか・・・?と、帰ってからはひたすら熱中症について検索しまくりました。







    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment