スポンサーリンク



アラフォー主婦、街ゆく同年代の髪型をウォッチングする。その4



あと、その一瞬限りのデータではありますが、街ゆくアラフォー前後の外見を見ていて感じたのは、お金or手間暇かけている人とかけていない人の差がつきすぎているって事ですかね。。



「おっ、保ってるなぁ~~」と舌を巻くような感じの人から、、「あらららららら。。。」と失礼ながら思ってしまうような人まで、千差万別。。



若い時のファッションカースト(?)的なものより、その高低差が何倍もある気がします(若さで補正が効かないから)。。。




オシャレ番長でも何でも無い一般人の私が、僭越ながらオシャレ難民の分析材料として具体的に表現させていただくと。。。




スポンサーリンク






若いと、ファッションを頑張ってても髪型がアレ?って子がいたり、ヘアメイク頑張っていてもファッションがアレ?って感じだったりする子がいるけれど。



アラフォー以上はその凸凹が無くなって、どの人も大体 ヘア・ファッション・メイク(+美肌)にその人ならではの割合ずつ、手間暇かけてる感じでした。



もうちょっと言葉をきつくすれば、「女捨ててる」って言葉を耳にした事があると思うんですが。



その「女捨ててる度」がヘアに9割の人なら、ファッションにも肌にも9割な感じ。



(捨て方9割の例)大掃除でもするのかと思うような無造作ヘアかおばさんショート / アーケードのある商店街で売っていそうな非オシャレ系ダボっとしたTシャツ・スパッツで体型隠し・快適さ最優先 / ななめがけのレスポ・もしくはもどきバッグ / 足下はコンフォートシューズか学校指定っぽい地味なスニーカー ・・・で、なんとなく日帰りバスツアーに一定層いそうなゾーン。。



一方で、肌に「女捨ててない度」9割で尽力してる人なら、ファッションやヘアにも9割で挑んでる感じでした。





スポンサーリンク







(もちろん原田知世さんとか石田ゆり子さん



みたいな、あんまり「表面的は」努力して無さそうなのに年齢不詳美人に仕上がっている特別枠は置いておいて、新宿駅にいる一般人オンリーの話です。)



・・・目が大きいとしわたるみが大きく出ちゃうから、おしょうゆ顔で色白だと老けにくい気も(いやはや羨ましい)。。



うん、でもうらやましがってても一般人アラフォーには棚ボタは落ちてこないから、地道な努力をするしか無いのね(T_T)。




棚ボタどころか、エブリデーオイハギ状態だもの(よくてキープ、普通でなくす一方(汗。。。



面倒くさがってすっかり洗面所のオブジェになってた美顔器

、久々にやりました。。



毎日は無理だけどやっぱり何にもしてないとそれなりにしかならないので、、ゆるめにでも頑張ってみます。。



スポンサーリンク

関連記事

テーマ : ファッション
ジャンル : ファッション・ブランド

コメントの投稿

非公開コメント

///ranking///
プロフィール

七井。

Author:七井。
アラフォーの東京住まい。。

親類等のしがらみにしばられ数十年・やっと重圧から逃れた今、ふつーに自由に生きたい!と願う兼業主婦。

アラフォー・アラフィフファッション雑誌を読んでも軽く絶望するしかない「一般人」レベルの私ならではの視点で、いまどき四十路ファッション・ヘアスタイル分析などについて語ります。

最新記事
最新コメント
カテゴリ
◆◆◆全記事一覧◆◆◆
AD
AD