中度なのに熱中症回復に1ヶ月かかったアラフィフの悲惨記録その4




    中度な熱中症って、意外と悲惨でしたね・・・。



    子供の頃「氷鬼」って遊びあったじゃないですか、行動停止しなきゃいけない感じ。。



    あれを一日中やってる感じですね。。ちょっとでも動くと、孫悟空のわっかみたいに頭がギリギリするし。。



    1週間くらいしたら食欲もどってきて主にお寿司みたいな冷たい食べ物食べてましたけど、基本無茶して動くと吐きそうになるんで。



    簡単に吐きもするんで、プチ絶対安静って感じ・・・。




    スポンサーリンク






    その割には水分とらなきゃだからトイレの回数増えるし、トイレの往復だけで死にそうになるし。



    シャワーもあまり熱くないならダメージないかな?と思ったのに、最初2週間くらいは特にグロッキーになる行動でしたね。



    お風呂なんてもちろんムリムリ、ぬるーいシャワーに入っても、さらに悪化するし・・・。



    あんまりにもひどいので、2日に1ぺんにして、あとは身体ふいてました。



    あとアイスノンの数が間に合わないので、ビニール袋に水を入れてしばって・その上からジップロック二重重ねで密閉して幾つも凍らせておいて、





    スポンサーリンク






    それをローテーションして使ってました。じゃないと、とてもじゃないけど数が足りない!!



    頭の上・後頭部と首のつけね・顎の下とか脇の下とかにも置いてて・・・特に頭のは無いと生きていけないくらい。



    あんまりにも使いまわしてたからそのうち穴があいて漏れたりしてたけど、その都度新しいの作ってました。



    氷様様って感じでしたね。人生で、こんなに氷に感謝したことなかったかも。



    冷蔵庫ない時代だったらどうなってたんだろう。



    sponsored link

    0 Comments

    Leave a comment